エネルギー
 

シャープが明かした,サスティナブル社会に向けた技術開発

加藤 伸一=テクニカル・ライター
2010/06/01 00:30
印刷用ページ
 持続性のある社会を実現するために求められる技術とは何か――。シャープ 取締役 専務執行役員 技術担当 兼 知的財産権本部長の太田賢司氏は,「サスティナブル社会に向けた新たな技術開発」と題して,SEMIジャパン主催の「SEMI Forum Japan 2010」(5月31日~6月1日,大阪国際会議場)において講演した。同氏はこの中で,同社の今後の技術開発テーマとして「エネルギー・マネジメントと高齢化社会への対応」を挙げ,そこに必要なデバイス開発の一端を示した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング