• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEスキルアップマネジメント > JASRACが2009年度の使用料徴収額を公表,CDからインターネットへのシフトを反映した結果に

JASRACが2009年度の使用料徴収額を公表,CDからインターネットへのシフトを反映した結果に

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2010/05/19 18:39
  • 1/1ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 JASRACは2010年5月19日,2009年度の使用料徴収額を公表した。使用料と私的録音/録画補償金を合わせた総徴収額は,前年度比3.1%減(約35億円減)の1094億6429万7713円だった。オーディオ・ディスクからの徴収額が減少したのに対し,ダウンロード販売や動画ストリーミング・サイトからの徴収額が増加し,CDからインターネットへのシフトが進んだことを示す結果になった。

 JASRAC理事長の加藤衛氏によると「徴収額が減った原因は,(CDをはじめとする)オーディオ・パッケージの不振と,景気低迷の影響で放送局の収入が減ったこと」だという。オーディオ・ディスクからの徴収額は前年度比17.4%減の169億3895万6150円,放送からの徴収額は同2.1%減の271億7860万8661円だった。

 一方,ダウンロード販売からの徴収額は前年度比18.2%増の51億1988万9528円,動画ストリーミング・サイトからの徴収額は同43.8%増の7億6720万1359円だった。JASRACによると,日本には50程度の動画サイトがあり,そのうち音楽を使用しているのは20強のサイトだという。

おすすめ

あなたにおすすめ