家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPad:識者はこう見る その6】もうノート・パソコンは持ち歩かない

Raven Zachary氏 Small Society社,President

Phil Keys=シリコンバレー支局
2010/05/17 10:58
印刷用ページ

 iPhone OS向けアプリケーションの開発企業である米Small Society社は,2008年ごろにBarack Obama氏の大統領選挙戦を支援するアプリを開発した経験をベースに設立された。同社を率いる,元業界アナリストのRaven Zachary氏は, iPhoneのアプリ開発者向けイベント「iPhoneDevCamp」の設立者でもある。同氏は,2010年5月3日~5月6日に米サンフランシスコ市で開催された「Web 2.0 Expo San Francisco 2010」で講演し,iPadなどについて語った。

Raven Zachary氏
Raven Zachary氏

 1991年にApple社が発売したノート・パソコン「PowerBook 100」は,初めてトラックボールやパームレストなどを装備,ユーザー・インタフェース(UI)の面で革新をもたらした。2007年に発売したiPhoneも,スマートフォンの世界にPowerBook 100と同じインパクトを与えた。

 タブレット端末のiPadにおけるApple社の戦略も,こうしたかつての製品と変わっていない。タブレット型コンピューターは従来から存在しているが,他社とは異なる戦略を採っている。iPadは,クラウド・コンピューティングのサービスを組み合わせた,「モバイル・コンピューティング時代」を切り拓くだろう。

iPadへの期待感は,iPhoneを超える
iPadへの期待感は,iPhoneを超える

 米ChangeWave Research社のデータによると,iPadに対するユーザーの期待感はiPhoneのときより高かったという。iPhoneが発売された時とは異なり,既に多くのユーザーがタッチ操作に親しみを持っていたからと思われる。驚いたのは,iPadは電子書籍端末としても,他社の電子書籍端末よりユーザーの期待が大きかったことだ。

 iPadは発売当日,30万台以上が出荷された。これに加えて,25万個以上の電子書籍と100万以上のアプリが販売された。TechCrunchは,iPadから同サイトへのページ・ビュー数はAndroid携帯電話機より高いことを公開した。iPhoneやiPadのブラウザー体験が携帯電話機より優れていることが,この結果につながったと思う。

 Apple社は2010年5月3日に,発売から累計で100万台以上のiPadが出荷され,1200万個の専用アプリ,150万の電子書籍がダウンロードされたことを発表した。これは1台のiPadに対して,平均12個のアプリケーションがダウンロードされたことになる。この数字はかなり高く,iPadのユーザーの多くが既にiPhoneを持っていて,アプリに馴染んでいることが推測される。

 ただし,100万台という数字は確かに大きいが,我々の予測では2010年第1四半期までに,iPhone OS搭載機器は9000万台を越える。こう見ると,100万台という数字はまだ小さい。

 iPadはアプリ開発者からも大きな注目を集めている。米Flurry社によると,モバイル・アプリ開発者の22%は,iPadが発売される前からiPad向けアプリの開発を開始していたという。iPadの登場によって,革新的なアプリが開発されており,この流れは今後も続くだろう。私はiPad向けアプリについて最近,医療関係や運送関係の企業と話をした。iPadは企業または教育市場でも多くの市場機会を生むと思う。

iPad発売前にモバイル・アプリ開発者の22%が,既にiPad向けアプリの開発に着手
iPad発売前にモバイル・アプリ開発者の22%が,既にiPad向けアプリの開発に着手

 

 私は1998年以来,出張などすべての旅行時にノート・パソコンを携帯している。そこでこの一カ月,iPadがノート・パソコンの代わりになるかを確認するために,5回の旅行はiPadのみを携帯してみた。その結果分かったのは,iPadは重さの点でノート・パソコンに対して大きな優位性をもっていることだ。iPadなら周辺備品をバッグに詰めても合計で1.8kgにしかならないが,ノート・パソコンの場合は7.7kgにもなる。ここまで軽くなったので,自分が新しくなったような気分になった。(オンラインでファイルを保存するWebサービス)Dropboxと(オンライン・オフィス・アプリのWebサービス)Google Appsは特に役に立った。こうしたサービスを利用すれば,すべてのファイルを持ち歩く必要はなくなる。

 かといって,iPad一台で全ての作業を済むわけではないが,外出時はiPadさえあれば,ノート・パソコンはもう不要になった。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング