• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【iPad:識者はこう見る その5】Apple社のものづくりに注目

【iPad:識者はこう見る その5】Apple社のものづくりに注目

アイサプライ・ジャパン 副社長の南川明氏

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2010/05/14 10:30
  • 1/1ページ
南川明氏
南川明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 電子機器や半導体分野のアナリストであるアイサプライ・ジャパンの南川氏に, iPadについて聞いた。同氏によると,iPadからは米Apple Inc.のものづくりのノウハウや部品メーカーの競争の様子,将来のエレクトロニクス市場の展望が透けて見えるという。(聞き手:河合基伸=日経エレクトロニクス)。

――iPadに関して注目しているのはどのような点ですか。

 iPadだけに限ったことではないが,Apple社のものづくりの考え方は非常に特徴的で新しい。特に,EMSやODMの使い方に興味を持っている。具体的には,設計や試作を自ら手掛け,製造だけをEMSに任せる手法である。こうすることで,製品コンセプトやブランド・イメージを損なうことなく,低コスト化を実現している。設計や試作を自ら手掛けるといっても,日本メーカーのように高機能の部材をふんだんに使うことがないのも特徴だ。

――iPadを構成する部品に特徴はありますか。

 iPadの部品の調達先を調べると,日本以外のメーカーの製品が多かった。これはなぜか。特に主要部品の調達では,メーカー間のトップ・セールスの差が現れたのではないか。例えば韓国Samsung Electronics Co., Ltd. は,トップの役割として,マネージングのほかに,トップ・セールスや世界の優秀な人材の確保も重要だと考えている。こうした考え方の基にトップ・セールスを展開して,プロセサやフラッシュ・メモリといった主要部品のiPadへの納入につなげた。
 これに対して,日本メーカーはトップ・セールスが弱いのではないか。どこに売り込めばいいか分からなかったり,売り込みに行ったものの既に他社に先を越されていたり,といった話を聞いたことがある。

――iPadは短期間に販売台数を伸ばしています。

 米国で先行発売されたiPadは,短期間で驚異的な販売台数を記録した。今後は,こうした先進国のエレクトロニクス需要に加えて,新興国の需要が急速に増えることを留意しなければならない。
 将来的に新興国におけるエレクトロニクス機器の購買層は,先進国と同等の10億人に達するだろう。つまり,市場規模が一気に2倍になるのだ。そうなれば,今以上の大量消費・大量生産の時代に突入する。エレクトロニクス・メーカーは,製造の効率化や改革に取り組む必要がある。既に世界では,大量消費・大量生産時代に向けて,製造技術に回帰する動きが出てきた。iPadの次に向けた戦いが始まっている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓