• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPad:識者はこう見る その1】「出版業界を根本的に変化させる可能性が高い」

Nielsen Norman Group,Cofounder兼Northwestern University,Professor of Computer Science, Psychology, and Cognitive ScienceのDon Norman氏

Phil Keys=シリコンバレー支局
2010/05/10 11:17
1/1ページ
Don Norman氏
Don Norman氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

米Apple Inc.(旧名Apple Computer, Inc.)で以前,Vice President of the Advanced Technology Groupを務めたDon Norman氏は,ユーザー・インターフェースおよびデザイン業界で名前が知られている人物である。Norman氏が執筆した「Emotional Design: Why We Love (or Hate) Everyday Things」は,業界に大きな影響を与えた。2010年9月に新刊本「Living with Complexity」を出版する予定の同氏に,iPad登場のインパクトなどを聞いた。(聞き手はPhil Keys=シリコンバレー支局)。

 今後,iPadと類似のタブレット端末が,Apple社以外の企業から何十種類も登場するだろう。
 
 結論から言えば,iPadは出版業界を根本的に変化させる可能性を持っていると思う。ノート・パソコンより軽量で携帯性に優れるし,電子書籍端末として,実質的に初めてカラー液晶ディスプレイを搭載したデバイスだからだ。iPadの登場によって,出版物はテキストや写真など静的な情報の表示だけでなく,動画コンテンツの再生などにも対応する。

 このことは,特に新聞や雑誌に大きな影響を与える。私は,記事中に動画を埋め込んだNew York TimesやWiredなどのiPad向け試作版を見たことがある。広告や教科書などにも影響をもたらすだろう。私が執筆し,以前出版された電子書籍では,テキストから動画がポップ・アップして内容を説明する仕掛けを盛り込んだ。だが,当時はノート・パソコンが重すぎて使い勝手が悪かったし,こうしたコンテンツを扱うための機能的な制限も多すぎた。

 iPadでもう一つ重要なのが,「エンタテインメント・マシーン」として既存のノート・パソコンよりも優れていることだ。例えば,パソコンよりも手軽にさくさく使える。新聞を読んだり,天気予報を確認したり,すぐに返事をするべき電子メールを探したり,といった作業にピッタリだ。私の想像では,レシピを探したりする,優れた「キッチン・コンピュータ」になると思う。

 Apple社は以前から,ユーザーがOSを楽しく操作できるようにすることに,他社よりも腐心している。実際,iPhoneは操作が楽しい最初の携帯電話機だった。Androidもこれを続いた。こうした端末が登場することによって,楽しいアプリが数多く登場した。iPadはこのトレンドを発展させる。例えば,iPad上で動作する音楽アプリ「Magic Piano」の素晴らしい動画が,YouTubeなどで人気だ。この動画では,ある中国人のピアニストがオーケストラと演奏中に,アンコールの場面でiPadをサッと取り出し,iPad上のアプリで「ピアノ演奏」を披露する。

 Android向けのアプリ「Google Sky Map」も本当に素晴らしい。このアプリを搭載した携帯電話機を上に向けると,どの方向に向いているかが検知され,自分が見ている星に関する情報を表示する。こうした分野のアプリなら画面が大きいほど使いやすくなるので,iPadで使い方が楽しいだろう。

 だが, iPadのすべてが良いわけではない。iPadは底面が曲線を描いている。このため,iPadをテーブルに置いてソフトウエア・キーボードでタイプすると,本体が揺れて入力しにくい。また,Apple社は2本や3本の指を使って入力するジェスチャー機能に対応しているが,iPadでは指3本でテキストなどを拡大する機能がある。私の同僚は,これはユーザーにとって使い方が覚えにくいと批判している。私も彼と同感だ。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング