家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Appleの1~3月期決算は純利益90%増、iPhoneの販売数が2.3倍に

Tech-On!
2010/04/21 16:08
印刷用ページ

 米Appleが現地時間2010年4月20日に発表した2010会計年度第2四半期(1~3月期)決算は、大幅な増収増益となった。売上高は135億ドルで、前年同期の90億8000万ドルに比べ48%増加した。純利益は30億7000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は3.33ドル)で同16億2000万ドル(同1.79ドル)から90%増加した。

 米メディア(New York Times)によれば、アナリストが予測した当期の売上高は120億ドル、1株当たり利益は2.45ドルで、これらの予測を大きく上回っている。

 携帯電話「iPhone」とパソコン「Macintosh」が好調で、同社のSteve Jobs最高経営責任者(CEO)は、「ホリデーシーズン以外の四半期で過去最高の決算を報告することができた」と述べている。同氏は4月に米国で販売開始したタブレット型端末「iPad」以外にも新たな製品を年内の発売に向けて用意していると語った。

 当期におけるiPhoneの世界販売台数は875万2000台に達し、前年同期の2.3倍になった。パソコンの販売台数は294万台で、同33%増えた。このうちデスクトップパソコンは40%増、ノートパソコンは28%増になった。携帯型メディアプレーヤー「iPod」は1089万台で同1%減少した。当期の粗利益率は41.7%で、前年同期の39.9%から上昇している。

 売上高を地域別にみると、米大陸が49億9300万ドルで前年同期から26%増加。欧州が40億5000万ドルで同63%増、日本は8億8700万ドルで同51%増だった。アジア太平洋地域が18億8600万ドルで同184%増と最も高い伸び率を示している。

 Peter Oppenheimer最高財務責任者(CFO)は、2010会計年度第3四半期(4~6月期)の業績見通しとして、売上高が約130億~134億ドルの範囲、希薄化後の1株当たり利益は約2.28~2.39ドルの範囲と予測している。

 Appleは同日、3G(第3世代)携帯電話通信のサービスに対応したiPad(Wi-Fi+3Gモデル)の米国発売日が4月30日になると発表した。事前予約分は同日に届くよう発送し、直営店では同日午後5時から販売を開始する。

 なお米国以外での発売日は5月末になるとしている。各国で5月10日に販売価格を発表し、同時にオンライン予約の受け付けを始める予定である(関連記事:Apple、iPadの米国外発売を5月末に延期、「予想外の高い需要に直面」)。

[ 発表資料(決算)]
[発表資料(iPad)]

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング