• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【iPad分解その4】部品を黒で統一,開けてもスゴいんです

【iPad分解その4】部品を黒で統一,開けてもスゴいんです

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2010/04/14 08:30
  • 1/1ページ
米Apple Inc.のタブレット型コンピュータ「iPad」
米Apple Inc.のタブレット型コンピュータ「iPad」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
筐体の隙間にマイナス・ドライバーを差し込もうとするが…
筐体の隙間にマイナス・ドライバーを差し込もうとするが…
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ついにiPadの内部が明らかに
ついにiPadの内部が明らかに
[クリックすると拡大した画像が開きます]
部品を黒で統一
部品を黒で統一
[クリックすると拡大した画像が開きます]
電池はLiポリマ2次電池
電池はLiポリマ2次電池
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Apple Inc.のタブレット型コンピュータ「iPad」が編集部に届いてから数日。ほぼすべての編集部員が使い倒して,それぞれの評価を下した。ちなみに私は,「重い」ことから購入はしばらく見送り。

 そして次はいよいよ,分解へと進む。機器メーカーと部品メーカーの技術者に集まっていただき,準備万端。まずは手にとって,その印象を語ってもらった。

「画面が綺麗だなあ」
「音がけっこういい。ボリュームも大きいし」
「タッチパネルの反応もいいねえ」
「日本人には,ちょっと大きくて重いかな」
「ホールド感がなくて不安だけど,このすっきりしたデザインがApple社のこだわりなんだろうね。日本メーカーなら滑り止め加工をするかも」
などなど,分解に取りかかれないくらい盛り上がる。

 そのとき,「中を見てみたいなあ」の一言が。じゃあ早速分解しましょう!

 電源を切って分解開始。筐体の接合にネジを使っていない構造のため,筐体の隙間にマイナス・ドライバーを差し込み,少しずつ開ける作業にとりかかる。しかし,これが難航。ドライバーを差し込むことさえ,ままならない。何とか最初のドライバーが入っても,次のドライバーを差し込むのに苦労する。途中でなぜか電源が入ってしまい,一時中断する場面も。

 3本のドライバーを隙間に差し込みながら,2人がかりで「えいや,えいや」とこじ開ける。バキッ,バキッという音を立てながら,徐々に隙間が開いていく。

 そして,ついに上部(表示部)の筐体が外れて,iPadの内部が明らかに。
「びっくりするぐらい,すっきりしている」
「部品を黒で統一している。マスコミなどがすぐ分解するので,中を見られることを意識しているのかも」

 下部の筐体(回路部)には,Liポリマ2次電池が中央に二つ並び,その上下に小さなメイン・ボードやスピーカーらしき部品が見える。確かに,ほぼすべての部品が黒い。

 Apple社のこだわりに息をのむ技術者たち。さあ,個々の部品をバラしにかかりましょう。

―その5へつづく―

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ