家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPad分解その1】iPadがやってきた

日経エレクトロニクス分解班
2010/04/07 20:14
印刷用ページ

 2010年4月7日午後,日経エレクトロニクス編集部に米国から荷物が届いた。米国時間4月3日以来,待ちに待っていたものだ(Tech-On!の関連記事)。中には,米Apple Inc.のタブレット型コンピュータ「iPad」が入っているはずだ。

さっそく開けてみる
iPadの箱とご対面。他の編集部と配送サービスの相乗りがあったため,3台のiPadが入っていた

 今回我々が入手したのは,3G回線には非対応で,16Gバイトのフラッシュ・メモリを備える,最も廉価な機種である。入手した目的は,iPadの中身を調べ尽くすことだ。Apple社 CEOのSteve Jobs氏が「携帯電話機とノート・パソコンの間にある『第3のスクリーン』に対する我々の答え」とするiPadの実力はいかほどか。そこにはどんな技術が詰め込まれているのか。「Tech-On!」および「日経エレクトロニクス」誌で随時報道していく。

iPadの箱
箱を開けると,全面にiPadが広がっていた
箱に入っていたモノ。説明書が入っている箱には,他のApple製品と同様に「Designed by Apple in California」の文字が入っている

 箱からiPadを取り出した分解班の面々は,「けっこう重いね」「座ってひざの上に乗せて使えば気にならない重さだ」「思っていたより大きい」「薄いな」など,思い思いのことを口にしていた。感想はまちまちだが,皆関心はあるようだ。ちなみにApple社の公称値は,外形寸法が242.8mm×189.7mm×13.4mm,重さが680gである。

 筐体背面は,Apple社のノート・パソコンなどで採用しているAl合金のようだ。電源が入っていない状態のため,ひんやりした手触りだった。

取り出したiPad。大きさの割にずっしりと重く感じた
「iPhone 3GS」と並べてみた
厚さは13.4mm(Apple社の公称値)。厚さ12.3mm(同)のiPhoneとあまり変わらない

 一通りiPadを眺め回した我々は,上側面の右側に配置された電源ボタンを押してみた。Apple社のリンゴのロゴマークが中央に表示されてから10秒ほど待つと,USBケーブルで「iTunes」につなぐよう催促する表示が現れた。利用のためにはパソコンが必須のようだ。

電源を入れると,パソコンとの接続を促す画面が表示された。接続するまでは利用できないようだ

(つづく)

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング