技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

米国際貿易委、Appleの申し立てを受け、Android端末製造のHTCを調査へ

Tech-On!
2010/04/03 16:13
印刷用ページ

 米国際貿易委員会(ITC)は米国時間2010年3月31日、米Appleの求めに応じて、台湾HTCの製品について調査を開始すると発表した。Appleは3月2日に、同社の携帯電話「iPhone」に関する特許を侵害されたとして、HTCをITCとデラウエア州連邦地方裁判所に提訴していた(関連記事:Apple、iPhone特許侵害でAndroid端末メーカーHTCを提訴)。

 HTCは、米Googleのモバイル・プラットフォーム「Android」を搭載した携帯端末を手がけており、Googleブランドの「Nexus One」も製造している。

 Appleは、HTCがiPhoneのユーザー・インタフェース、基本アーキテクチャ、ハードウエアに関する20の特許を侵害していると主張。特許に抵触する一部の個人データ通信用携帯端末と関連ソフトウエアを米国で輸入・販売することで、米関税法に違反しているとして、排除命令を出すようITCに要請していた。

 ITCは、HTCとその米国法人および子会社のハードウエアとソフトウエアについて調査を行う。携帯電話やスマートフォンを含むモバイル製品を対象にする。

 ITCは6人の行政法裁判官(ALJ)から1人を選定し、証拠審問の日程を調整する。審理の結果、ALJが下した仮決定についてITCで検討し、関税法違反にあたるか判断する。調査終了予定日は、調査開始から45日以内に決定する。

[発表資料へ]

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング