家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

MotorolaとMicrosoft、中国向けAndroid端末に「Bing」機能を搭載

Tech-On!
2010/03/12 12:03
印刷用ページ
Motorolaの中国向けAndroid端末
Motorolaの中国向けAndroid端末
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Motorolaは米国時間2010年3月10日、「Android OS」搭載端末で提供する検索サービスと地図情報サービスについて、米Microsoftと世界規模で提携すると発表した。

 まずは3月中にも中国向けのAndroidスマートフォンで、Microsoftの検索サービス「Bing」と地図情報サービスを利用できるようにする。WebブラウザにBingのブックマークを用意したり、Bingの機能を備えるウィジェットを提供する。今後販売するスマートフォンのほか、既存機種にもソフトウエア・アップデートで提供する。

 Motorolaは、中国Baidu(百度)などの検索サービス企業と提携しており、中国向けAndroid端末ではこうした複数のサービスを提供する。顧客が端末をカスタマイズして、好みのサービスを利用できるようにするとしている(関連記事:Motorola、中国でAndroidアプリ販売サイト「SHOP4APPS」開設へ

[発表資料へ]

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング