• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > Google ChromeのWindows版、自動翻訳やプライバシ管理を強化

Google ChromeのWindows版、自動翻訳やプライバシ管理を強化

  • Tech-On!
  • 2010/03/03 14:37
  • 1/1ページ
Google Chromeのプライバシ・オプション設定画面
Google Chromeのプライバシ・オプション設定画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Googleは米国時間2010年3月1日、オープンソースWebブラウザ「Google Chrome」のWindows向け最新ベータ版「4.1.249.1021」を公開したと発表した。Webページの自動翻訳機能の追加やプライバシ管理の強化などを施した。同社のWebサイトを通じて無償でダウンロードできる。

 新版では、環境設定で指定している言語と異なる言語で書かれたWebサイトにアクセスすると、翻訳するかどうか尋ねるタイトルバーを表示する。「Translate」(翻訳する)ボタンをクリックすると、同社の翻訳サービス「Google Translate」の技術を利用して、そのページを自動翻訳する。別の言語への翻訳を指定することもできる。

 プライバシ管理の強化については、オプション画面の「Under the hood」タブにある「Content settings...」で、詳細なプライバシ設定を行えるようにした。Webサイトごとに、クッキー、画像、プラグイン、JavaScript、ポップアップの処理について設定することができる。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ