• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【EDSF 2010】トプスシステムズ,自社開発のヘテロジニアス型のマルチコア・プロセサとAndroidアプリケーション開発環境を展示

【EDSF 2010】トプスシステムズ,自社開発のヘテロジニアス型のマルチコア・プロセサとAndroidアプリケーション開発環境を展示

  • 今井浩史=JEITA EDA技術専門委員会
  • 2010/02/04 21:47
  • 1/1ページ
トプスシステムズ(本社:茨城県つくば市)は,独自のヘテロジニアス型のマルチコア・プロセサを開発・提供しており,EDSFair 2010で多くの来場者の興味を引いていた。また同社は,自社開発のマルチコア・プロセサを使いこなすためのハードウェア技術やソフトウェア技術,協調設計技術についてのトレーニングとコンサルティングも提供している。

おすすめ

あなたにおすすめ