COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【Magic Mouse分解】第3回:両面テープに四苦八苦《訂正あり》

日経エレクトロニクス分解班
2009/11/20 23:43
印刷用ページ
Magic Mouseの底面
Magic Mouseの底面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日経エレクトロニクスでは米Apple Inc.が2009年10月下旬に発売したタッチ・センサ内蔵マウス「Magic Mouse」を,分解調査した。Magic Mouseは筐体の上面に組み込んだタッチ・センサで指の動きを検知し,ボタンやスクロール・ホイールを排したり,iPhoneなどで使われる「ジェスチャ操作」に対応したりしている。

 いよいよMagic Mouseの分解を始める。まず,底面のカバーを外して電池を取り出す。ネジらしきもはどこにも見あたらない。どうやら,はめ合わせなどを多用しているらしいと見当を付け,まず底面に2本並行に取り付けられた黒い樹脂部品を取り外す。この樹脂部品は,マウスの“脚”にあたる部品で滑りやすい素材で作られており,比較的柔らかいため取り外しの段階でかなり変形してしまった。この時点で,分解後の現状復帰はほぼ不可能になった。

 次にAl合金製の下カバーを樹脂製の筐体下部フレームから引きはがす。これは強力な両面テープで取り付けられていた。マイナス・ドライバをすき間にねじ込み,強引にこじ開ける。ほとんど力任せの作業になった。

 ここまで来るとようやく,Magic Mouseの機械的な構造が分かる。電池ボックスを兼ね,回路基板が取り付けられた樹脂製の下フレームと,タッチ・センサが組み込まれた上フレームに分かれており,ヒンジでつながれているようだ。わずかなすき間からのぞき込んで,ヒンジ部分を探し,マイナス・ドライバでひねって取り外すと,上下のフレームをなんとか分離することができた。

 フレキシブル基板(FPC)で作られた,タッチ・センサを形成する電極シートを,回路基板をつなぐコネクタから抜くと,上下のフレームが分離できた。コネクタは差し込み口と反対側のプレートを上げると,ロックが解除される機構を組み込んだ「バックロック」と呼ばれる方式だった。さらに念には念を入れ,回路基板とFPCの間に両面テープを貼って固定してある。ロック機構のプレートをよく見ると「DDK」の刻印があり,国内コネクタ・メーカーの第一電子工業の製品と思われる。

 これを見た技術者は,「一般的なフロントロック式のコネクタでFPCを上に引き上げる力が加わると,ロックが外れてケーブルがFPCが抜けやすい。Magic Mouseの構造を見ると,組み立て時にこうした力が掛かる可能性があり,これを嫌ったのではないか」とコメントする。別の技術者は,Magic MouseのFPC接続部には余裕が少ないため,確実に組み立てるにはかなりの技能が必要ではないかと推測する。バックロック式はフロントロック式に比べると,FPCを差し込む作業がやや難しくなる。「作業者に負担を掛ける設計。Apple社の協力工場には質の良い作業者が揃っているのだろう」(技術者)。

 Magic Mouseの上側の部品は,ポリカーボネート製と思われる白色樹脂の筐体上カバーに黒い樹脂製のフレームが張り付けられている・タッチ・センサの電極シートはその間に位置する。ここでも固定は両面テープである。センサの電極を傷つけないように,慎重に工具を差し込み,黒い樹脂フレームを徐々に剥がしていく。

Magic Mouse分解 第1回
Magic Mouse分解 第2回

―― 次回へ続く ――

《訂正》読者からの指摘で,コネクタの仕様に関して一部事実誤認が判明しました。当初はコネクタにロック機構がないと記しておりましたが,実際にはロック機構がありました。それに伴い,推測に基づくコメントを削除し,表現を修正しました。本文は既に修正済みです。

【お知らせ】この分解調査の詳細は日経エレクトロニクス 2009年11月16日号 NEレポート「Apple 社のMagic Mouseを分解,特殊なセンサで感度向上か」に掲載しています。

電池カバーを外して,電池を抜き,樹脂製の“脚”を取り外す
電池カバーを外して,電池を抜き,樹脂製の“脚”を取り外す
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Al合金製の下カバーを剥がしたところ。黒い樹脂製のフレームに上カバーが張り付けられている
Al合金製の下カバーを剥がしたところ。黒い樹脂製のフレームに上カバーが張り付けられている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
すき間を覗くと,ヒンジ機構を構成する軸受けが見えた(赤丸の中)
すき間を覗くと,ヒンジ機構を構成する軸受けが見えた(赤丸の中)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タッチ・センサの電極を構成すると思われるフレキシブル基板を回路基板のコネクタから取り外す。コネクタはバックロック式で,さらに回路基板に両面テープで固定されていた
タッチ・センサの電極を構成すると思われるフレキシブル基板を回路基板のコネクタから取り外す。コネクタはバックロック式で,さらに回路基板に両面テープで固定されていた
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Magic Mouseの上側。ポリカーボネート製と思われる白色樹脂の筐体上カバーに黒い樹脂製のフレームが両面テープで張り付けられている
Magic Mouseの上側。ポリカーボネート製と思われる白色樹脂の筐体上カバーに黒い樹脂製のフレームが両面テープで張り付けられている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング