家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

任天堂がWii向け有料動画配信「シアターの間」を年内開始,民放連全国大会で放送事業者に参加を呼びかけ

西畑 浩憲=日経ニューメディア
2009/11/16 00:00
印刷用ページ

 任天堂の岩田聡代表取締役社長がWii向けの有料動画配信サービス「シアターの間」を2009年内に開始すると述べたのは,日本民間放送連盟主催の第57回民間放送全国大会の講演(2009年10月27日)の中だった。そして,放送事業者に積極的な参加も呼びかけた。それだけ,放送事業者とのよりよい関係構築を重視している表れなのだろう。

 岩田社長は「任天堂の売り上げの8割以上が海外からのものであることが示すように,ゲーム,アニメ,映像などの日本のクリエーティブは海外で受け入れられる」と語り,将来的にはシアターの間で海外向けの映像配信も検討していくという。また,「全国の放送事業者が過去に製作したアーカイブの配信も可能で,興味のある事業者はぜひコンタクトして欲しい」と,放送事業者に積極的な参加を呼びかけた。

 課金システムにはWiiで有料ソフトの販売や追加アイテムの販売で利用している小額課金の仕組みを利用する。利用者が見たいコンテンツを検索して探すだけでなく,お薦めコンテンツを推奨する機能も用意する。月額課金などの定額制ではなく,コンテンツごとの都度課金のサービスとして提供する。

 講演では,2009年5月に広告モデルで無料提供を開始した動画配信サービス「Wiiの間」の利用状況についても触れた。現状について「手ごたえはあるが未熟」と表現し,10月26日時点の利用者が93万世帯,248万人であると語った。

満を持して登場


 任天堂が,ゲーム機「Wii」向けの有料動画配信サービス「シアターの間」で,先行するソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション 3向け動画配信や,欧米で有料動画配信の販売チャンネルとして大きな存在感を持つAppleのiTunesに対抗するには,「Wii」というプラットフォームが持つ強みを最大限に生かし,コンテンツやサービス内容で差異化を図る必要がある。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング