技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

東芝が「補償金未払い問題」に見解を公表

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2009/11/11 17:18
印刷用ページ

 東芝は2009年11月11日,私的録画補償金管理協会(SARVH)が同社に対し,私的録画補償金の支払いを求めて提訴した件に関連して,「私的録画補償金に関する当社の対応について」と題するプレスリリースを発行して,同社の見解を文書で正式に明らかにした(プレスリリースへのリンク,SARVHの提訴に関するTech-On!関連記事)。

 このプレスリリースの中で東芝は,今回問題になったデジタル放送専用DVD録画機について,「アナログチューナー非搭載DVDレコーダーについては補償金の対象か否か明確でないため,現段階ではご購入者から補償金を徴収できないと判断しています」と,販売価格に上乗せする形での徴収を行っていない理由を,改めて説明している。

 「補償金の対象か否か明確でない」と判断する理由としては,「現在のデジタル放送においては著作権保護技術が施されてコピーが制限されているため,デジタル放送の記録に特化したアナログチューナーを搭載していないDVDレコーダーが補償金の対象か否かについては,消費者,権利者,製造業者など関係者の合意にいたらず,結論が得られていません」と説明し,参考文献として「平成21年1月文化審議会著作権分科会報告書」を挙げている(報告書へのリンク)。

 今後については,解決に向けた議論に真摯に取り組むと述べた後,「経済産業省と文化庁が,消費者,権利者,製造業者など関係者の合意のもと,必要な措置を適切に講じることを期待します」と関連省庁による調整に期待している。さらに今後,問題のデジタル放送専用DVD録画機が補償金の対象であると明確化されたとしても,「当該商品をご購入いただいた方から過去に遡って補償金をいただくことはありません」と明らかにしている。

 なお,今回のSARVHからの提訴については特に見解が述べられていない。これについては「まだ訴状を確認できておらず,コメントできる状況ではない」(東芝広報)とする。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング