技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【決算】MacやiPhoneが「新記録」,Apple社の売上高は98億7000万米ドルに

Phil Keys=シリコンバレー支局
2009/10/20 10:18
印刷用ページ

 米Apple Inc.は,2009年度第4四半期(2009年6月~9月)の決算を発表した(発表資料)。売上高は98億7000万米ドルで,前年同期比で25%増加した。純利益は16億6500万米ドルであった。粗利益率は36.6%である。

 2009年9月に終了した四半期で,Apple社は305万台のMacintoshパソコン製品(前年同期比17%増)や740万台のiPhone携帯電話機製品(前年同期比7%増)を出荷した。だが,同四半期内に出荷したiPod関連製品は1020万台で,前年同期比で8%減となった。

 業界アナリストとの電話会議の中で,Apple社,Senior Vice President and Chief Financial OfficerのPeter Oppenheimer氏は,今回の四半期は同社の歴史で「最も利益が高い」とした。Apple社は同四半期中に新しいOS製品「Snow Leopard」(Tech-On!関連記事)を出荷したことがMacintosh製品の売り上げに影響を与えたとする。

 iPhone関連製品について,同社,Chief Operating OfficerのTim Cook氏は2009年6月19日から発売した新製品「iPhone 3GS」(Tech-On!関連記事)が同社の期待より高い需要を見せたとした。多くの販売地域でiPhone 3GSは品不足に陥ったが,2009年9月末及び2009年10月の初め頃には,この状態を改善できたという。今後の予定について,Cook氏はApple社が2009年10月30日から中国市場の1000の小売店で,iPhoneを発売すると説明した(Tech-On!関連記事)。「中国市場には正式発売前からiPhone製品が(違法に)流通していた。これは中国市場に大きなチャンスがあることを意味する」(同氏)。

 2009年10月~12月の四半期について,Apple社は113億米ドル~116億米ドルの売上高を予測した。だが,粗利益率は34%に落ちると見込む。粗利益率の低下の理由を,Oppenheimer氏は部品価格の引き上げの見込みと,「製品を競争的な価格で販売する」Appleの計画によるものと説明した。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング