技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Google社がテレビ朝日およびTBSテレビと提携,「YouTube」に公式チャンネルを開設

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2009/09/29 18:37
印刷用ページ
図1 会見の様子
図1 会見の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 テレビ朝日のチャンネル「ANNニュース」
図2 テレビ朝日のチャンネル「ANNニュース」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 TBSテレビのチャンネル「news i」
図3 TBSテレビのチャンネル「news i」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Google Inc.は2009年9月29日,テレビ朝日およびTBSテレビと公式コンテンツ・パートナー契約を結んだ(発表資料1発表資料2,図1)。Google社傘下の動画共有サイト「YouTube」に公式チャンネルを作り,ニュース番組などの配信を開始した。国内の民放キー局が公式コンテンツ・パートナー契約を結ぶのはこれが初めて。

 YouTubeの違法投稿動画の対応技術「コンテンツIDシステム」が「実用に耐えるレベルに達した」(テレビ朝日 コンテンツビジネス局クロスメディア専任局長の古川柳子氏)ことが今回の契約締結の大きな理由という。同システムは,YouTubeにアップロードされた映像を自動的にチェックし,違法な映像を検出する仕組みである。映像の権利者があらかじめ登録した映像と,ユーザーがアップロードした映像とを照合することによって識別する。Google社によると,既に1000以上のパートナー企業が同システムを利用し,10万時間分以上の識別用動画ライブラリを構築しているという。

 テレビ朝日は2つのチャンネルを開設した。一つが「ANNニュース」である(図2)。もう一つが,同社が展開するコンテンツを集約した「tvasahi チャンネル」だ。一方のTBSテレビは「news i」を開設した(図3)。動画は無料で配信する。YouTubeの視聴者の取り込みや自社サイトへの誘導を狙う。

 今後の展開について,TBSテレビ コンテンツ事業局長の氏家夏彦氏は会見の席で,有料配信サービスの開始をGoogle社に要望した。それに対し米Google社 パートナー事業戦略担当副社長のDavid Eun氏は,「VOD(video on demand)やサブスクリプションなど,いくつかの方法を検討している」と説明し,導入に前向きな姿勢を示した。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング