• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > VL-P,リアルタイム放送の有料課金に向けCAS方式に関するRFIを実施

VL-P,リアルタイム放送の有料課金に向けCAS方式に関するRFIを実施

  • 田中 正晴=日経ニューメディア
  • 2009/09/15 19:40
  • 1/1ページ

 VHF-LOW帯マルチメディア放送推進協議会(VL-P)は,リアルタイム放送でも有料課金を行えるようにするため,CAS(限定受信システム)の導入を可能とする準備を進める。CAS方式について,広く一般に対してその技術情報の提供を依頼する方針である。

 VL-Pは,2011年7月予定の地上アナログ放送の終了によって空く周波数のうち,VHF帯ローバンド(第1~第3チャンネル)を利用して実用化が見込まれる携帯端末などに向けたマルチメディア放送のサービス・イメージを明確にし,放送の運用規定を策定する作業を進めている。全国のAM/FMラジオ事業者など120者が加入する。

 サービス・イメージを明確にすることを目的に設置したサービス検討作業班では,有料放送サブワーキングを設けた。有料放送対応機能を本体内に搭載しない受信機では,TS(トランスポート・ストリーム)出力機能を搭載することで,TSの出力先の端末(例えばパソコンなど)でCASを行うことを可能にするモデルにしたいという。VL-Pでは,CASに関するRFI(Request for Information)を実施することにした。詳細は,近くVL-PのWebサイトで公表する。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ