家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Adobe,Flashコンテンツ保護ソフト「Flash Access 2.0」を発表

Tech-On!
2009/09/11 12:10
印刷用ページ

 米Adobe Systemsは米国時間2009年9月10日,Flashコンテンツ保護ソフト「Flash Access 2.0」を発表した。コンテンツ配信プラットフォーム「Adobe Flash Platform」の主要コンポーネントで,以前「Flash Media Rights Management Server」と呼んでいた製品の強化版。2010年前半に発売する予定。

 有料コンテンツの配信と課金において拡張性と柔軟性の高いコンテンツ保護を実現する。注文管理,サブスクリプション・データベース,アクセス権管理など既存の配信ネットワークに組み込める。Webブラウザ向けFlash再生プラグイン「Flash Player」でのオンライン視聴や,アプリケーション実行環境「Adobe Integrated Runtime(AIR)」向けアプリケーションでのオフライン視聴についてもコンテンツ保護が行える。

 MPEG-4 AVCやFLVをサポートし,セルスルー,レンタル,ビデオ・オンデマンドのストリーミングやダウンロードなど,さまざまな配信形態に対応する。アクセス制限やレンタル期間の設定,不正コピー防止といった機能を備える。

 ソフトウエア開発キットとして販売するほか,Adobeパートナを通じてSaaS(Software as a Service)形式でも提供する。

 このほか同社は,ビデオ制作の効率化を支援するスクリプト開発ツール「Story」のプレビュー版を発表した。最新技術への早期アクセスを促進するWebサイト「Adobe Labs」で公開している。Storyは,ビデオ・コンテンツを自動でスクリプトに書き出し,メタデータとしてデジタル・ビデオ制作用アプリケーションで利用できるようにする。「Creative Suite」の将来版をはじめとする各種Adobe製品と連携する。

[Flash Access 2.0発表資料]
[Story発表資料]

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング