• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > Google社が英国の電子書籍端末にパブリック・ドメインのコンテンツを提供,米国以外には初めて

Google社が英国の電子書籍端末にパブリック・ドメインのコンテンツを提供,米国以外には初めて

  • 小谷 卓也=日経エレクトロニクス
  • 2009/09/10 14:20
  • 1/1ページ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 英Interead社は,米Google Inc.と提携し,100万以上におよぶパブリック・ドメインの電子書籍コンテンツの提供を受ける。

 Interead社は,同社が販売する電子書籍端末「COOL-ER」に向けて,電子書籍ストア「COOLERBOOKS.com」を展開している。COOL-ERのユーザーは,同ストアを介してGoogle社が提供するパブリック・ドメインのコンテンツをダウンロードできる。

 Google社は,パブリック・ドメインのコンテンツを,米Sony Electronics社や米Barnes & Noble社の電子書籍ストアにも提供している。ただし,米国以外の電子書籍ストアへの提供は,今回が初めてとなる。

 英国市場では,既にSony Electronics社が電子書籍事業を展開しているほか,2009年内には米Amazon.com,Inc.の電子書籍端末「Kindleシリーズ」の進出もウワサされている。

 今回,Google社と提携したInteread社の電子書籍端末は,筐体に8色のカラー・バリエーションがあるのが特徴である。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓