• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > Google社が英国の電子書籍端末にパブリック・ドメインのコンテンツを提供,米国以外には初めて

Google社が英国の電子書籍端末にパブリック・ドメインのコンテンツを提供,米国以外には初めて

  • 小谷 卓也=日経エレクトロニクス
  • 2009/09/10 14:20
  • 1/1ページ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 英Interead社は,米Google Inc.と提携し,100万以上におよぶパブリック・ドメインの電子書籍コンテンツの提供を受ける。

 Interead社は,同社が販売する電子書籍端末「COOL-ER」に向けて,電子書籍ストア「COOLERBOOKS.com」を展開している。COOL-ERのユーザーは,同ストアを介してGoogle社が提供するパブリック・ドメインのコンテンツをダウンロードできる。

 Google社は,パブリック・ドメインのコンテンツを,米Sony Electronics社や米Barnes & Noble社の電子書籍ストアにも提供している。ただし,米国以外の電子書籍ストアへの提供は,今回が初めてとなる。

 英国市場では,既にSony Electronics社が電子書籍事業を展開しているほか,2009年内には米Amazon.com,Inc.の電子書籍端末「Kindleシリーズ」の進出もウワサされている。

 今回,Google社と提携したInteread社の電子書籍端末は,筐体に8色のカラー・バリエーションがあるのが特徴である。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ