• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 2009年前半の米国音楽小売り販売市場,全体の25%をAppleが販売

2009年前半の米国音楽小売り販売市場,全体の25%をAppleが販売

  • Tech-On!
  • 2009/08/19 12:59
  • 1/1ページ

 米NPD Groupは米国時間2009年8月18日,米国音楽小売り販売市場に関する調査結果を発表した。それによると,CDとデジタル音楽を含め,2009年前半に最も多く楽曲を販売したのは米Appleの「iTunes Store」(全体の25%)で,2位は米Walmart(同14%)だった。米国音楽市場におけるiTunes Storeのシェアは,2007年に14%,2008年に21%と拡大している。

 2009年前半の米国音楽小売り販売は,CDが全体の65%を占め,デジタル音楽ダウンロードの割合は35%だった。依然としてCDが音楽購入手段の主流となっているが,デジタル音楽の割合は,2007年に20%,2008年に30%と増加傾向をたどっている。同社エンターテインメント業界分析担当のRuss Crupnick氏は,「2010年末までには,デジタル音楽とCDの割合はほぼ同等になる」と予測している。

 デジタル音楽のみを見た場合,iTunes Storeのシェアは69%となり,2位の米Amazon.comの「AmazonMP3」(シェアは8%)に大きく差を付けている。CDなどの物理的パッケージに限ってみると,首位はWalmart(シェアは20%)で,2位に米Best Buy(シェアは16%),3位に米TargetとAmazon.com(シェアはともに10%)が続く。

[発表資料へ]

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ