• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 「YouTubeは著作権者に収益をもたらす」とGoogleが主張

「YouTubeは著作権者に収益をもたらす」とGoogleが主張

  • Tech-On!
  • 2009/07/31 18:54
  • 1/1ページ

 米Googleは米国時間2009年7月30日,同社傘下の動画共有サイト「YouTube」に投稿されたコンテンツが,著作権所有者に収入をもたらすというコメントを発表した。その一例が教会での結婚式の様子を撮影した動画。投稿からわずか10日間で約1200万回再生され,背景で流れているChris Brownの楽曲「Forever」が,iTunesのシングル・チャートで4位に,Amazon.comのMP3ベストセラー・リストで3位に急浮上したという。

 この動画は約5分のもの。米ミネソタ州セントポール教会で結婚式を挙げた新郎新婦の介添人が,祭壇までの通路をForeverの曲にのって踊りながら次々に入場する。最後に新婦が音楽に合わせてリズムを取りながら登場すると,参列者が満場拍手で迎える。

 Foreverの著作権所有者が,YouTubeのコンテンツ管理ツールを用いて,同曲をiTunesやAmazon.comで購入するための広告リンクを動画下部に掲載したところ,視聴者によるクリックスルー率が同サイト上の他の動画と比べ2倍になった。また,Foreverのオリジナル動画も,クリックスルー率が通常と比べ約2.5倍に増加したとしている。

[発表資料へ]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓