• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 総務省が「B-CAS見直し」でパブコメ

総務省が「B-CAS見直し」でパブコメ

  • 山田 剛良=日経エレクトロニクス
  • 2009/07/14 09:31
  • 1/1ページ

 総務省は2009年7月13日,地上デジタル放送のコンテンツ保護方式の改善,いわゆる「B-CAS見直し」などに関する意見募集(パブリック・コメント)を始めた。締め切りは8月28日午後5時(総務省のプレスリリース)。

 今回の意見募集は7月10日に行われた情報通信審議会の総会で報告された「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委)」の中間答申に対するもの。同委は今回の中間答申で,地デジの普及促進の観点から,コンテンツ保護ルールを受信機メーカーに守らせる手段として現在導入されているB-CAS方式に加え,「技術開示方式」と呼ぶソフトウエアを使った新方式を2011年7月24日までに導入することなどを答申している。なお,新方式は地デジのみを対象とし,導入後もB-CAS方式は継続的に並行運用される。

 技術開示方式は,放送波のスクランブルを解くための暗号鍵をセキュアなICカードに収めて配布するB-CAS方式と異なり,暗号鍵そのものの情報をメーカーに開示することからこの名がある。また,議論の最後になって,NHKが受信料徴収を促進するためにBSデジタル放送などで利用している「受信確認メッセージ」の仕様を,新方式の仕様の中に含める方針が突然明らかにされたことで,情報通信審議会の委員の中から異論が出るなど,波乱含みの答申になった(Tech-On!関連記事)。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ