家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

B-CAS見直し、「原案通り答申」も激論に――情通審総会

新ccTLD「.日本」も導入へ本格始動

金子 寛人=日経WinPC
2009/07/11 18:02
印刷用ページ

 総務相の諮問機関である情報通信審議会の総会が2009年7月10日に開催された。この中で、現行の「B-CAS」システムと並列で地上デジタル放送の新たな保護技術を導入することを正式決定し、総務相へ答申した。

 新方式は「技術開示方式」と呼ばれるもの。B-CASシステムと異なり、地上デジタル放送のスクランブルを解除する鍵を、ソフトウエアまたはチップとして受信機内に埋め込む。2009年末までに新方式の規格を作成し、ライセンス発行・管理機関を準備する。新方式の具体的な導入時期は示していないが、2011年7月24日のアナログ放送停波に向け、可能な限り早期に導入するとしている。

 併せて現行のB-CASシステムでは、携帯電話のSIMカードと同等サイズとした、地上デジタル放送専用の小型B-CASカードを2009年11月に導入。B-CASカードは、現状ではテレビやDVD/BDレコーダーなどの受信機に添付しているが、出荷時にB-CASカードを受信機のスロットに事前実装可能にする。

日経パソコン オンライン続きは,日経パソコン オンラインこちらでご覧いただけます。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング