• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 流体技術を使って蛍光ポリアクリルアミド微粒子を形成,血糖値の無痛連続計測へ

流体技術を使って蛍光ポリアクリルアミド微粒子を形成,血糖値の無痛連続計測へ

  • 長廣 恭明=日経マイクロデバイス
  • 2009/06/19 20:51
  • 1/1ページ
 東京大学生産技術研究所と技術研究組合BEANS研究所は,グルコース濃度によって蛍光の強度や波長が変化する蛍光ポリアクリルアミドの微粒子化に成功,この微粒子を医療実験用のマウスの耳たぶに注入して体内グルコース濃度によって蛍光輝度が変化することを確認した。今回の結果から,糖尿病患者の血糖値検査へ応用するための基本的な機能を有していることを確認できた。今後は微粒子の改良,測定システムの構築などを進め,針を刺さずに連続測定できる血糖値計測器の開発を目指す。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ