• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【VLSI】SSDの高速化,ノーマリーオフ・システムを狙った新原理不揮発メモリに注目

【VLSI】SSDの高速化,ノーマリーオフ・システムを狙った新原理不揮発メモリに注目

  • 関口知紀=日立製作所中央研究所
  • 2009/06/17 08:30
  • 1/1ページ
「2009 Symposium on VLSI Circuits」のSession 8「Special Non-Volatile Memories」では,東京大学らによるNAND接続の強誘電体メモリ,東北大学らの磁性メモリを用いた高速起動のFPGA,台湾ITRIらの高速書き込み可能なReRAM,日立製作所らによるスピン注入型の磁性メモリであるSPRAMと,NANDフラッシュ・メモリとは異なる新材料の不揮発性メモリが4件登場した。

おすすめ

あなたにおすすめ