家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

米国家庭のビデオ購入はDVDが主流,デジタル・ダウンロードは少数

Tech-On!
2009/05/13 14:34
印刷用ページ

 米NPD Groupは米国時間2009年5月12日,米国家庭のDVDとBlu-ray Disc(BD)の利用状況に関する調査結果を発表した。それによると,家庭における過去3カ月間のビデオ・コンテンツ関連支出のうち,DVDおよびBDのレンタルと購入費が全体の88%に達したという。

 米国の一般的な家庭は,ビデオのレンタルと購入に毎月平均25ドルを費やしている。そのうち「DVDの購入」が最も多く,63%を占めた。次いで「DVD/BDのレンタル」(18%),「ビデオ・オンデマンド」(9%),「BDの購入」(7%)などが続いた。一方,「デジタル映画のダウンロードや,オンライン・ストリーミング」は,わずか3%にとどまった。

 しかし,過去3カ月間の映画の視聴方法を尋ねると,インターネット接続をしている家庭のうち,9%が映画を「ストリーミング視聴」しており,昨年の5%から増加している。また,「ダウンロード・レンタル」という回答者は8%で,前年からほぼ倍増した。

 NPDエンターテインメント業界アナリストのRuss Crupnick氏は,「業界では,従来メディアの衰退を懸念する声も挙がっているが,家庭における映画の視聴はデジタル・ダウンロード形式より,従来のディスクの人気が高い。しかし,デジタルに関心を示すユーザーも徐々に増えており,両者がどのくらいの期間共存できるかは,予測が困難」とコメントした。

[発表資料へ]

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング