家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

米活動団体がFCCに公開書簡,iPhone向けSkypeやテザリングの締め出しを批判

Tech-On!
2009/04/06 16:34
印刷用ページ

 米活動団体のFree Pressは米国時間2009年4月3日,米連邦通信委員会(FCC)に対して公開書簡を送り,無線キャリアにも,FCCの「Internet Policy Statement(インターネット政策宣言)」への準拠を義務づけることを要請した。この宣言には,好きなデバイスから,あらゆるコンテンツやサービスにアクセスできるという,ユーザーの権利を保護する条項が盛り込まれている。

 この行動は,米紙「USA Today」の記事が先週報じた内容を受けたもの。同記事によると,AT&Tの上級幹部は,同社第3世代(3G)ネットワークで「Skype」にアクセスできないようにすることをデバイス・ベンダーに期待する発言をしたとされる。Free Pressはこれを,自社音声サービスと競合するSkypeの利用を率先して妨げる行為だと非難した。

 Skypeは2009年3月末に,Appleの「iPhone」および「iPod Touch」向けSkypeをリリースしたが,携帯電話ネットワーク経由の通話は行えず,無線LAN(Wi-Fi)に接続しているときしか使えない(関連記事:iPhone/iPod Touch用のSkypeが間もなく登場)。

 またFree Pressは,AT&Tに限らず,多くの無線キャリアが消費者の無線インターネット接続に制限を加えていると指摘した。例えばT-Mobileは,「Android」用アプリケーションの販売/配布サイト「Android Market」において,携帯電話をモデムとして利用し,パソコンをインターネットにつなぐ「テザリング」に関連するアプリケーションの配信を制限していると報じられている。

 Free Pressは,こうした問題を解決するために,無線ネットワークにも「Internet Policy Statement」を適用する方針を明確にすることが急務だとしており,携帯電話などによる無線インターネット利用も,家庭でのインターネット利用と同様,自由でオープンなものであるべきと主張している。

[発表資料へ]
[FCCへの書簡(PDF文書)]

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング