• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > GE社とIntel社がヘルスケア事業で提携,2億5000万米ドルを共同出資

GE社とIntel社がヘルスケア事業で提携,2億5000万米ドルを共同出資

  • 小谷 卓也=日経エレクトロニクス
  • 2009/04/03 09:53
  • 1/1ページ
インターネットで中継されたGE社とIntel社の記者会見の様子
インターネットで中継されたGE社とIntel社の記者会見の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 米General Electronic Co.(GE社)と米Intel Corp.は,ヘルスケア分野の取り組みで提携することを発表した。ヘルスケア市場の創出に向け,今後5年間にわたり2億5000万米ドルを共同出資する。

 今回の提携により,両社のノウハウや研究資源を組み合わせることで,次世代在宅医療技術の開発と商用化を加速させる。具体的には,個人(家庭)向けの健康モニタリングの分野のほか,転倒予防や投薬支援,家庭における睡眠時無呼吸症候群や心血管疾患,糖尿病などの慢性疾患管理の分野を手掛けるという。こうした分野において,革新的な技術の開発と販売を狙う。

 GE社とIntel社がヘルスケア分野に着目するのは,この分野に対する社会的ニーズが世界的に高まっているため。先進国を中心に,慢性疾患を抱える患者や高齢者が増加しており,在宅での健康・医療のケアに対する必要性が増している。両社の発表によれば,こうした遠隔ヘルスケア,在宅ヘルス・モニタリングの推定市場規模は,2009年に30億米ドルだが,2012年までに77億米ドルに拡大すると予測されるという。

 Intel社は,健康機器と電子機器の相互接続性を確保する標準化団体「Continua Health Alliance」を主導しており,2009年2月に設計ガイドラインの完成を発表した

おすすめ