家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CTIA】Verizon Wireless社がJoint Innovation Lab に参加へ,China Mobile社,ソフトバンク,Vodafone社と歩調を合わせる

Phil Keys=シリコンバレー支局
2009/04/02 13:52
印刷用ページ
Verizon社のIvan Seidenberg氏
Verizon社のIvan Seidenberg氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米携帯電話事業者大手のVerizon Wireless社は,携帯端末向けソフトウエア開発団体「Joint Innovation Lab(JIL)」に加盟する(発表資料)。JILは,中国China Mobile Communications Corp.やソフトバンクモバイル,英Vodafone Group Plcなどが共同で設立した団体。Verizon社のCEOであるIvan Seidenberg氏が,米ラスベガスで開催中の「International CTIA WIRELESS 2009(CTIA)」の基調講演で述べたもの。

 JILは,携帯端末向けソフトウエア関連の技術開発を進めることを目標としており,まずはウィジエット開発環境を策定する予定。携帯電話事業者はJILによって,携帯電話機のソフトウエア開発に自社の事業モデルに沿ったソフトウエアなどを提案しやすくなる。Verizon社のSeidenberg氏は講演で,「JILに加盟した目的は,一つのソフトウエア・アプリケーションを世界の様々な端末で利用できるようにする環境を作るため」としている。JILは2009年中にも,ウィジェット向けの開発環境や開発キットなどの整備などに取り組んでいく方針である。

LTE開発設備を設立

 Verizon Wireless社はこのほか,LTEサービスの実施に向けた「Verizon Wireless LTE Innovation Center」を設立することを発表した(発表資料)。米マサチューセッツ州に設立する施設で,Verizon Wireless社とパートナー企業がLTE関連技術や製品を共同開発するために利用する。Verizon Wireless社は同拠点に関して,家電製品やセキュリティ,医療用途の機器,テレマティックスなどの分野の開発者が利用することを期待している。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング