技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Qimondaの従業員は2450人が移行会社に移籍,会社存続に向けドレスデンは「待機」

赤坂 麻実=Tech-On!
2009/04/02 17:25
印刷用ページ

 DRAMメーカーのドイツQimonda AGと子会社であるドイツQimonda Dresden GmbH & Co. OHG.の事業再生手続きがミュンヘン地方裁判所で始まった(発表資料)。両社の保全管理人を務めてきた弁護士のMichal Jaffe氏が破産管財人に選任された。Jaffe氏らは,Qimonda社の事業を可能な限り維持することを第一義として,Qimonda社への投資を検討している複数の投資家との協議を続けている。事業継続に向けたドイツ政府や地方自治体,ポルトガル政府,EU当局らへの支援要請も継続中。これらの支援の条件は「anchor」(Qimonda社をつなぎとめてくれる錨になりうる投資家)の出現という。

 Qimonda社は事業再生手続きの間,従業員の雇用を維持する目的で移行会社を設立し,従業員の移籍を進めている。2009年4月1日付でミュンヘン拠点から600人,ドレスデン拠点から1850人が移籍しており,これは各拠点で会社側から移籍の提案を受けた従業員総数のそれぞれ84%,93%に相当するという。移行会社は2009年8月半ばまでの最長4カ月半,賃金の支払いを保証する。

 一方で,ミュンヘン拠点に従業員340人,ドレスデン拠点に575人が残り,事業体を維持している。ドレスデン工場では2009年4月1日に量産活動を停止したが,設備は待機モードとし,技術者がメンテナンスを施し,出資者が見つかり次第,生産が再開できる体制をとるという。2009年1月23日の破産申請以降,Qimonda社は不採算事業の停止や工場稼働率の調整などコスト管理を徹底してきた。同社は2009年3月末までの2カ月強で9000万ユーロを超える売上高を計上している(前年1月~3月の3カ月間の売り上げは4億1200万ユーロ)。「Buried Wordline(埋め込みワード線)」技術も開発を継続しており,債権者委員会の了承の下,破産申請後も46nm世代の同技術に投資を行った(Tech-On!関連記事)。

 Qimonda社は会社存続をかけて固定費削減や技術開発に取り組んでいるが,このまま投資家が見つからないか,投資元に事業を買収された場合,同社は清算される。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング