家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CTIA】Samsungの米国子会社,モバイルWiMAX/Wi-Fi対応タッチスクリーンMIDなどを発表

Tech-On!
2009/04/02 12:13
印刷用ページ

 韓国Samsung Electronicsの米国子会社Samsung Telecommunications America(Samsung Mobile)は米国時間2009年3月31日,モバイルWiMAX/Wi-Fi対応のタッチスクリーン搭載モバイル・インターネット・デバイス(MID)「Samsung Mondi」,新型モバイル端末「Samsung Instinct s30」,タッチスクリーン用ユーザー・インタフェース(UI)「TouchWiz」の新版を発表した。

 Mondiは,タッチスクリーン付き4.3インチ画面とスライド式フルQWERTYキーボードを採用。Wi-Fiや米ClearwireのモバイルWiMAXサービス経由でインターネット接続できる。Bluetooth 2.0による無線接続も可能。4Gバイトのメモリーを内蔵し,HDMIテレビ出力端子と300万画素のカメラを備える。OSは「Windows Mobile 6.1」,Webブラウザは「Opera 9.5」で,「Microsoft Outlook」「Windows Mobile Office」を搭載する。電子メール,インスタント・メッセージング(IM)/マルチメディア・メッセージング(MMS),GPSナビゲーション,音楽/ビデオなどが利用可能。米国で販売するとしているが,発売時期や価格などは明らかにしていない。

 Instinct s30は,「Samsung Instinct」の後継モデル(関連記事:iPhone似のSamsung製「Instinct」,Sprintが6月より独占発売)。IM対応となり,Webブラウザ「Opera Mini 4.2」を搭載した。最大16Gバイトのメモリーを増設できる。既存モデルよりスリムなデザインとし,本体カラーは「Cobalt Metal」「Touch of Copper」の2色を用意する。

 TouchWizの新版は,米Yahoo!と米Googleの検索サービスや,米AccuWeatherの気象情報サービスにアクセス可能なアプリケーションを提供する(関連記事:【MWC】「みんなタッチ・パネルが好きだから」,Samsung社のケータイはタッチ一色/【ワイヤレスジャパン】Samsung Electronics社が全面タッチ・スクリーンのケータイOMNIA出展,体験コーナーを設置)。

[発表資料(概要)]
[発表資料(Mondi)]
[発表資料(TouchWiz対応アプリケーション)]

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング