• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 自動車技術会,交通ヒヤリハット情報3万3000件を蓄積したデータベースを構築

自動車技術会,交通ヒヤリハット情報3万3000件を蓄積したデータベースを構築

  • 吉田 勝=日経エレクトロニクス
  • 2009/03/31 19:15
  • 1/1ページ
 自動車技術会(JSAE)のヒヤリハットDB活用委員会は,自動車事故につながるヒヤリハット事例3万3000件を蓄積したデータベースを構築した。東京と静岡県のタクシー125台に搭載したドライブ・レコーダーのデータを,2006年~2009年3月にかけて収集・蓄積してきたもの。急ブレーキを踏んだ場合など事故につながりかねない危険な状況について,その日時や車速,GPSによる位置情報,前10秒/後5秒の画像,加・減速度などのデータをまとめた。危険な状況の分析や事故を未然防止する装置の開発,安全な道路設計への反映,ドライバへの安全教育などへの活用が期待できる。
【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ