• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > ついに「コピー&ペースト」に対応,Apple社「iPhone OS 3.0」を発表

ついに「コピー&ペースト」に対応,Apple社「iPhone OS 3.0」を発表

  • Phil Keys=シリコンバレー支局
  • 2009/03/18 09:45
  • 1/1ページ
「iPhoneは80カ国で販売している」と述べるGreg Joswiak氏
「iPhoneは80カ国で販売している」と述べるGreg Joswiak氏
[画像のクリックで拡大表示]
Apple社がiPhone OS 3.0のベータ版に導入した新機能の一部
Apple社がiPhone OS 3.0のベータ版に導入した新機能の一部
[画像のクリックで拡大表示]
新しい音声メモ・アプリケーション「Voice Memo」
新しい音声メモ・アプリケーション「Voice Memo」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple Inc.は2009年3月17日,米クパチーノ市の同社で「iPhone」「iPod touch」向けOSの新版「iPhone OS 3.0」を発表するイベントを開いた(発表資料)。同社は,iPhone OS 3.0にはユーザー向けに100以上の新機能,開発者向けには1000の新しいAPIを搭載すると宣言した。壇上に立った同社vice president of iPhone and iPod MarketingであるGreg Joswiak氏は,「iPhoneは誰も見たことがなかった市場を創造したが,それは我々が今後創造する可能性の,ほんの始まりに過ぎなかったことが,今後の数カ月で皆さんにも分かるだろう」と自信を見せた。

 イベントで公表されたいくつか新機能のうち,聴衆から最も大きな反応を得たのは「コピー&ペースト」機能の追加であった。同機能の欠如はこれまで,「iPhoneの欠陥」と見られていたからだ。「コピー&ペーストの導入には,セキュリティ面やユーザー・インターフェースの実装に課題があった」(Apple社)。iPhone OS 3.0では,テキストに加えて,HTML形式のWebコンテンツも,アプリケーション間でコピー&ペーストできるようになる。

 iPhone OS 3.0はこのほか,システム標準の検索機能「Spotlight」を導入する。Spotlightはホーム画面に標準機能の一つとして加えられ,端末に収められた全情報を対象にした検索機能を提供する。ユーザーが入力した検索ワードをファイル名や内容に含む,音楽ファイルや電子メール,インスタント・メッセージなどを一覧表示する。個別のアプリケーションの検索機能も強化される。例えば,電子メール・アプリケーション「Mail」では,ダウンロード済みの電子メールだけでなく,米Microsoft Corp.の「Exchange」サーバやIMAP対応の電子メール・サーバ内の電子メールを検索対象にできるようになる。

 細かい機能としては,音声を録音して管理できる「Voice Memo」というアプリケーションを追加するほか,Mailやメモ帳「Notes」,Short Message Service用の「Text」といったアプリケーションで,画面を横にして操作ができるようにする。これは従来,Webブラウザー「Safari」などで可能だった操作方法である。

 Apple社が今回,公表したiPhone OS 3.0はベータ版で,正式版は2009年夏ごろに出荷する予定である。iPhone OS 3.0へのアップグレード料金はiPhoneでは無料,iPod touchの場合は9.95米ドルになる予定だ。同社は今回のイベントで,iPhoneが世界80カ国で販売されており,2008年12月までに全世界で1700万台を売り上げたことを強調した。ただし,市場で期待されているiPhoneの次期版については一切触れなかった。

おすすめ

あなたにおすすめ