家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

2012年にはすべてのスクリーンをデジタル・シネマ対応に,TOHOと角川が本格導入

加納 征子=日経エレクトロニクス
2009/01/21 16:59
印刷用ページ

 TOHOシネマズと角川シネプレックスは,2009年からデジタル・データで映画を配給・上映するシステム(以下,デジタル・シネマ機器)を本格的に導入すると発表した(TOHOシネマズの発表資料角川シネプレックスの発表資料)。両社とも2012年春までに,運営する映画館の全スクリーンへ導入することを目指すという。

 TOHOシネマズは2009年秋までに,同社が運営する映画館47館にデジタル・シネマ機器を導入する。2012年春までには,一部の共同経営劇場を除く,同社運営の映画館の全スクリーンに導入する予定。導入するデジタル・シネマ機器はすべて3次元(3D)映像対応である。コンテンツの配信方式は,次世代光ファイバー・ネットワーク(NGN),HDDなどの物理記録媒体による方式,衛星配信など,あらゆる方式に対応させるという。

 一方,角川シネプレックスは2009年夏までに,同社が運営する映画館7館の19スクリーンに,デジタル・シネマ機器を導入する。2012年春までには,同社が運営する映画館の全スクリーンへの導入を目指す。導入するデジタル・シネマ機器はすべて,3D映像に対応する予定。コンテンツ配信には,NTTスマートコネクトが手掛けるデジタル・シネマ配信サービス「PURE CINEMA」を活用する。PURE CINEMAは,NTTスマートコネクトのデータ・センターとデジタル・シネマ機器を所有する映画館を,セキュリティ性に優れたNGNで接続して,映画配信するサービス。ただし,HDDなどの物理記録媒体によるコンテンツ配信にも対応する。

 デジタル・シネマ機器の導入に踏み切った背景には,米国の映画業界の急速なデジタル化の進行や,3D映像などのデジタル・コンテンツの登場,テレビの地上デジタル放送への移行などがあるという。両社は,今回の導入によって,品質が劣化しない高品質な映像の提供や,演劇・コンサート映像・3D映像といった新しいコンテンツの提供,電子透かしによる盗撮対策の向上,映画館の運営効率の向上などが図れるとしている。

この記事を英語で読む

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング