技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

パナソニックの携帯機器向け携帯型充電器で発熱事故,15万台超を無償交換

加納 征子=日経エレクトロニクス
2008/12/25 21:17
印刷用ページ
BQ-600
BQ-600
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニックは,USBに接続して使うタイプの携帯機器向け携帯型充電器「ポケパワー(BQ-600)」で,4件の発熱事故が発生したと発表した(発表資料)。同社は,事故防止のために代替品との無償交換を行う。

 これまで発生した事故は,発熱によってBQ-600の本体樹脂ケースに孔があく事故が3件,本体樹脂ケースが熱変形した事故が1件。2007年に1件,2008年に3件発生している。いずれも火傷などの人的被害はないという。

 パナソニックは,これらの事故の原因を,BQ-600に使用したチップ・セラミック・コンデンサの微小な亀裂と説明している。BQ-600の製造工程において,基板を分割する際にチップ・セラミック・コンデンサに過剰なストレスがかかる場合があり,それによって微小な亀裂が発生することがあるという。この結果,BQ-600の使用中にチップ・セラミック・コンデンサの絶縁性能が低下し,異常発熱に至って,本体樹脂ケースが溶融したり,変形したりする可能性があるとする。

 無償交換の対象となるのは,これまで出荷した全台数で,15万1570台。パナソニック エナジー社(旧 松下電池工業)が,2007年6月~2008年1月に製造していた。






【お知らせ】セミナー「電気製品の事故原因究明と防止策~最近の製品事故の傾向と最新の分析
事故原因究明技術や再現試験方法について動画や各種解析画像をまじえて示し,製品事故の未然防止策を解説。2009年4月8日(水)開催。
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング