技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【ポストBRICs報告:ベトナムその2】ネットカフェで小学生の冷たい視線を浴びてみる

宇野 麻由子=日経エレクトロニクス
2008/12/22 11:10
印刷用ページ
おばちゃんが受付のネットカフェ。たくさん張ってあるお札がITと民俗文化の融合を感じさせる。
おばちゃんが受付のネットカフェ。たくさん張ってあるお札がITと民俗文化の融合を感じさせる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
電気街ニャッタオ周辺のネットカフェ。
電気街ニャッタオ周辺のネットカフェ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タクシーで走っている最中に見つけたネットカフェらしき店(中央の店)。扉があるということは冷房完備ということか。高速通信と17型LCDモニターを強調しているようだ。
タクシーで走っている最中に見つけたネットカフェらしき店(中央の店)。扉があるということは冷房完備ということか。高速通信と17型LCDモニターを強調しているようだ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
実際に利用したネットカフェ。
実際に利用したネットカフェ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ベトナムのネットカフェ店舗数は韓国の2万店を越える約2万5000店,そのうち60%はホーチミン市に集中(日本オンラインゲーム協会 事務局長 川口洋司氏)…そんな話を聞きつけ,今回の出張中に一度行ってみたいと考えていた。が,宿泊先の周辺にあるのは観光客相手の店ばかり。どこか地元向けの店はないものか…と思っていたところ,いきなりチャンスが到来する。

 その日,予定した取材が終わった後,取材先から聞いた話題のハイパーマーケットを見に行こうとタクシーに乗り込んだ。残念ながら翌週開店予定とのことで店の賑わいは分からないが,とりあえず外観写真だけでも撮って来ようという魂胆である。ところが,筆者は正確な住所を把握しておらず,開店前の店だからなのか高級店だからなのかタクシー運転手も店を知らず,違う場所へ連れて行かれてしまったのだ。普通,運転手が目的地を理解できなければ「分からないから行けない」と言ってくれるのだが,この運転手は行き先が分からないままに私を乗せて適当な場所へ連れて行き,元の出発地までタダで戻ってくれと言い争ったのに,料金だけ徴収してさっさとそのまま走り去ってしまったのである(ちなみにこの時の料金は日本円に換算すると500円強。相手も大体,日本人の金銭感覚を理解しているらしく絶対にまけない。ご丁寧に言い争ってしまった自分がバカだろう)。

 目的地は××区だとは言っておいたので,ある程度近付いている可能性はある。そこで,ネットカフェで検索して住所を調べてみようと考えた。で,ネットカフェは…と思って大通りからちょっとわき道にそれると,見事ヒット!タクシーを降りた場所から徒歩5分もかからない距離にネットカフェを見つけた。さすが,1万5000店のネットカフェを抱えるホーチミン市である。

 さっそく店内に入ると,20席弱のブースがあり,5~6人が無言のままパソコンに向かっている。もちろん,モニターはCRTだ。音声はヘッドホンで聞いているらしい。壁には飲み物のポスターが張ってあるが,飲食している人はいない。

 入り口にいる受付のお姉さんは「17」と書かれたブースに入れと,いわばあごで指示。違うブースに入ろうとするとダメダメという素振りを見せる。てっきりプリペイドカード式だと思っていたので課金がどうなるのか分からない。開始するために何が必要なのかも分からない。仕方がないのでそんな感じの身振り手振りで,受付のお姉さんに説明。するとお姉さんは「あんた,幾つよ」といわんばかりのすさまじい形相で筆者をじろりとにらみつけ,モニターの起動ボタンを押してくれた。

 筆者の右に座っていた神経質そうな少年は,小学生中学年~高学年といったところで,三次元RPGか陣取りゲームのようなものを一心不乱にやっていた。店内にエアコンはなく,季節的にそれほど暑くないとは言っても座っているとなんとなくじっとりと汗がにじんでくる。この暑さの中これだけ何かに集中できるなら,隣の少年は将来も向かうところ敵なしだろう,と妙なところで感心してしまう。

 左の空いていた席にやってきた少年はさらに若く,小学1年生くらいにしか見えない。彼からは「この人,何?」と思われているような気がしないでもないが,なにぶん会話ができないのでどうしようもない。左側の少年が始めたのは東南アジアのオンラインゲーム界で一大ヒット作と言われている「Audition」のようだ。Auditionというタイトル名称から,いわゆるプリメ(プリンセスメーカー)世代としてはつい「こんな若いうちからアイドルを育てなくても…」と変な想像をしてしまう(実際には,Auditionはダンスゲームで,育成シミュレーションゲームのプリンセスメーカーとはジャンルが異なり,こんな心配は無用である)。

 そんないらない想像を交えつつ,目的地の住所を探すこと約1時間,結局見つからないままだった。気付けば辺りはとっぷりと日が暮れ,ネットカフェはほぼ満席である。年齢層は若干上にシフトしている気配があるが,それでも小学生高学年~中学生といったところ。少女も数人いる。筆者の使っていたパソコンでは「NET CAFE 6.2.5」なるソフトウエアが起動し続けており,00:53:xxといった数字と,4000という数字がウインドウ内に表示されている。モニター電源を切って席を立ち,受付のお姉さんに値段を聞くと5000ドン(1ドン=0.005円換算で25円)ということだったので現金で支払って店を出た。

 以前のベトナムでは,ネットカフェといえば,メールのやり取りが必要なビジネスマンがこもって仕事をする場所だったらしい。2003年ころにオンライン・ゲーム・サービスが始まってから急速にゲームセンター化が進んでいるということだったが,確かにそのように感じた。一方,ビジネスマンの社外の仕事場は,一般の飲食店に移っているようだ。ホーチミン市内では,フリーWi-Fiアクセスのステッカーを張った飲食店をよく見かける。会社などの通信環境が悪い場合,こうした飲食店に無線LANモジュールを搭載したノート・パソコンを持ち込み,仕事をするビジネスマンも多いという。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング