EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

【マイコンデータ室】Microchip Technologyの系譜《訂正あり》

大原雄介=フリーランス テクニカルライター
2008/12/16 10:00
印刷用ページ

 いまや8ビット・マイコンの世界で圧倒的な存在感を誇っているのが,米Microchip Technology Inc.である。8ビット・マイコンの世界は非常にプレイヤーの数が多い。アーキテクチャだけ見ても,米Intel Corp.の「8051(MCS51)」や「8086/80186」,米Zilog,Inc.の「Z80」,米Motorola, Inc.(現在Freescale Semiconductor, Inc.)の「68H」,米MOS Technology社の「6502」といった古いものから,ルネサステクノロジの「H8」やNECエレクトロニクスの「78K」,STMicroelectronics社の「ST6/ST7」といった比較的最近登場したものまで,実に多くの種類がある。最近ではプログラマブル・ロジック・デバイス(PLD)の大手である米Xilinx, Inc.も,8ビットのCPUコア「PicoBlaze」を提供している。そのうえ,8051とか80186については,互換製品を提供しているデバイス・メーカーが数多くある。

 このため,動作周波数やパッケージ,消費電力,統合する機能などの観点では,ユーザーは多彩な選択肢が用意されている。こうした中でMicrochip Technology社の「PICシリーズ」が市場で優位を占めているのには様々な理由があるだろう。だが,その中でも特に大きいのは,同社が8ビット品に専念してきたことではないだろうか。

 Microchip Technology社は,もともと米General Instruments Corp.で電子部品を担当する一つの事業部門だった。1987年に子会社として分社化。1989年には社名を現在のMicrochip Technology社に変更して完全に独立する。

 同社は独立当初から,8ビット品に専念していた。1989年といえばIntel社が「80486」を発表した年だ。翌年の1990年にはMotorola社が「68040」を発表。MIPS Technologies, Inc.は,「MIPS32/64」のアーキテクチャを発表した。つまり当時,世の中のマイコンの趨勢は,すでに32ビットに移っていた。Microchip Technology社の方針は,こうした市場の流れに逆らっているかのようにも見える。だが,結果としてこの決定は同社に大きな成功をもたらした。

OTP品の便利さが市場で高評価

 最初の製品は「PIC16C5Xファミリ」である。製品名に使われている「PIC」は,General Instruments社時代に製造されていた「PIC1651」の場合,当初は「Programmable Interface Controller」の略とされたが,ほどなく「Programmable Intelligent Computer」の略に変更された。さらにMicrochip社として独立した後には「Peripheral Interface Controller」の略となった。PIC16C5Xファミリは,外部からプログラムを1回だけ書き込めるOTP(One-Time Programmable)タイプの8ビット・マイコンだった。RISC(reduced instruction set computer)型の概念を採り入れた独自の命令セットを採用しており,命令数は33。1命令が12ビット長というものである。


(画像のクリックで拡大)

 パッケージの種類が豊富で,中には内蔵EPROMを外部から消去するために窓が付いているパッケージも含まれている。このため,開発中は窓付きのパッケージを使った製品を使い,開発が完了したら窓が付かないプラスチック・モールド品に切り替えるといった使い方ができた。このほかに,マスクROM版も提供している。当初のPIC16C5Xファミリの製品は,ROMが512バイト程度,RAMは25バイト程度しかなかった。またI/Oも12本とそれほど充実したものではなかったが,このOTPの仕組みの便利さは,多くの設計者が注目した。しかも,8051系やZ80系のマイコンと比較して,システムの部品点数を少なくできるという点も市場で評価された。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング