EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

夢から覚めたNECエレのDRP,動作合成との連携プレイで製品に搭載へ

小島 郁太郎=編集委員
2008/11/19 08:30
印刷用ページ
STPエンジン+動作合成のメリット NECエレのデータ。
STPエンジン+動作合成のメリット NECエレのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
STPエンジンの基本動作 NECエレのデータ。
STPエンジンの基本動作 NECエレのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
XBridgeのブロック図 NECエレのデータ。
XBridgeのブロック図 NECエレのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
STPエンジン搭載LSIの第1弾 NECエレとソニーのデータ。
STPエンジン搭載LSIの第1弾 NECエレとソニーのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NECエレクトロニクスは,8ビットのプロセサを行列状に並べた「STP(Stream Transpose)エンジン」を搭載したASSP(application specific standard product)と,カスタムLSI(ASIC)を発表した(ニュース・リリース)。前者は「XBridge」と名づけて,向こう1年以内に製品として市場に投入する計画である。後者は2007年11月にソニーが発表した業務用ビデオ・カメラなどに搭載されている。

 STPエンジンは,同社の動的再構成可能な(ダイナミック・レコンフィギュラブル・)ハードウェア(プロセサ・アレイ)の「DRP(Dynamic Reconfigurable Processor)」をベースに開発した。DRPに限らず,動的再構成可能なプロセサ・アレイは「面白いアイデア」として注目を集めた時期があった。しかし,実際のチップにどのように適用したら良いかが見い出されず,思ったようには普及していない。

「動的」はあきらめる

 そこでSTPエンジンでは,「動的」の部分を捨てて,「再構成可能」な部分のみを生かすことにした。ある意味,夢を捨てたとも言える。実はFPGA(field programmable gate array)も原理的には,動的に再構成できる。FPGAメーカーも,時々,その点を説明しているが,実際に使われているのは,「再構成可能」な部分だけである。

 夢を捨てる一方で,製品への適用のために,STPエンジンはNECグループ内の動作合成技術と組み合わせることにした。同技術はNECの中央研究所が開発し,現在は,NECシステムテクノロジーのC言語入力のLSI上流設計システム「Cyber WorkBench」に組み込まれている。

FPGAの1/5~1/10の面積

 動作合成技術を開発ツールに取り入れたことで,C言語のアルゴリズムが最適な形でSTPエンジンに自動的に実装されるという。「普通のソフトウェアの開発者が,容易に高性能処理を得られる」ことを狙う。アプリケーションによって変わるが,NECエレによれば,一般的なプロセサ・コアを使う場合に比べて,STPエンジンは1桁~2桁の性能向上が見込めるという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング