• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 三洋電機のドラム式洗濯機で発火事故,28万台を無償で点検修理

三洋電機のドラム式洗濯機で発火事故,28万台を無償で点検修理

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2008/11/18 17:14
  • 1/1ページ

 三洋電機は,同社製のドラム式洗濯乾燥機およそ28万台を無償で点検・修理すると発表した(発表資料)。2002年4月に発売した「AWD-A845Z」で乾燥運転中に発火事故が発生したため,類似機種も含めて無償点検・修理を実施する。事故は2008年6月から3件が報告されており,うち1件では住宅の一部にも火が移ったという。

 不具合の原因は,温度ヒューズの端子の接触不良とヒータのリード線の屈曲疲労。三洋電機は「単純な部品の不良ではなく,温度や湿度などの使用環境が想定より過酷なものになった場合,当該部品の経年劣化が通常より早く進み,不具合につながる可能性がある」(同社広報)と説明する。

 無償点検・修理の対象となるのは,2002年4月から2003年10月に製造したAWD-A845Zのほか類似の8機種で,対象台数は合計で27万9583台。点検・修理に関わる費用50億円を三洋電機が全額負担する。






【お知らせ】セミナー「電気製品の事故原因究明と防止策~最近の製品事故の傾向と最新の分析
事故原因究明技術や再現試験方法について動画や各種解析画像をまじえて示し,製品事故の未然防止策を解説。2009年4月8日(水)開催。

おすすめ