家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【初代を分解】ニンテンドーDS,開けて分かったコストの秘密

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2008/11/11 01:00
印刷用ページ
任天堂は,初代の「ニンテンドーDS」を2004年11月に米国で先行発売した。日経エレクトロニクス分解班は発売と同時に製品を入手し,内部の構造を分析。以下は,その結果を解説した記事である。実装された部品や基板の端々から,1万5000円という売価に見合うように,同社がコスト削減を進めたさまが浮かび上がってくる。(以下の本文は,『日経エレクトロニクス』,2004年12月6日号,pp.30-33から転載しました。内容は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります。写真:林幸一郎)

図1 いよいよ出荷開始
無駄な装飾がほとんど見られないシンプルなデザイン。重さ は約275g。手にしてみると,見た目より軽い印象を受けた。上面ディスプレイが開く角度は,無断階で調整できる。

 「へー,これかぁ」

 「結構軽いね。あっ,この画面がタッチ・パネルなんだ」――。

 任天堂が2004年12月2日に発売した,ディスプレイを2つ備える携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」(図1)。日本より10日ほど早く発売した米国で,実機を開けてみた。

 分解作業を依頼したのは,米国シリコンバレーにある日本のエレクトロニクス・メーカーに勤務する4人の技術者(図2)。既にルーペや小型ドライバーなど愛用の道具を携え,分解会場となったオフィスの小部屋に集まっている。技術者たちが目を輝かせながら取り囲むテーブルの上には,その日発売されたばかりの銀色に輝く端末が置かれている。


図2 小さな基板と格闘
米国シリコンバレーに拠点を構える日本のエレクトロニクス・メーカー3社の技術者が顔をそろえた。

 「じゃ,早速始めますか」

 まずは筐体裏面から。電池を収納するフタのネジを取り外す。顔を出したのは放電容量が850mAhのLiイオン2次電池。「Made in China」とあるが,メーカー名は刻印されていない。ニンテンドーDSはこの電池を使い最長で約10時間動作する。従来の「ゲームボーイアドバンスSP」も内蔵するLiイオン2次電池で最長10時間動作するが,放電容量は600mAhと少なかった。ディスプレイを2枚に増やしたことや,2個のCPUコアを集積したマイクロコントローラを搭載したことなどが,ニンテンドーDSの消費電力が増えた原因とみられる。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング