技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

DVDコピーソフト「RealDVD」の販売仮差し止めで,RealNetworksがユーザーに公開書簡

Tech-On!
2008/11/04 12:00
印刷用ページ

 米RealNetworksは米国時間2008年11月3日,DVDコピー・ソフト「RealDVD」の無償トライアル版ユーザーに向けた書簡を公開した。同製品に関する訴訟の影響で,1カ月の試用期限が切れても現時点では製品版にアップグレードできないことを明らかにしたうえで,販売再開が認められた場合には無償アップグレードを提供するとした。

 書簡の中で同社は,販売仮差し止めの影響でユーザーに不便をかけていることを謝罪。個人的使用のためにDVDのコピーを作成するという消費者のフェアユースの権利を保護するために,戦いを続ける決意を表明した。

 RealDVDは,手持ちのDVDのコンテンツをパソコンのハードディスクにコピーできるソフト(関連記事:米RealNetworks社,法的に問題ないと主張するDVDコピーのソフトウエアを発表)。1枚のDVDにつき4~8Gバイトのサイズで保存でき,映像の劣化もない。最大5台のパソコンで再生できるが,他人との共有やネットワークでの配布はできない仕組みを採用している。RealNetworksが9月30日から販売を始めていた。

 同製品を巡っては,DVDの違法コピーを可能にしてしまうものとして,米大手映画会社で構成する業界団体,Motion Picture Association of America(MPAA)が反発。RealNetworksがDVDの著作権保護機能を不正に回避し,米デジタル・ミレニアム著作権法に違反していると主張して,同製品の販売差し止めを求める訴訟を起こした。これに対しReal Networks側も反訴したが,裁判所はその数日後に販売の仮差し止め命令を出した(関連記事:RealNetworks社がDVDをコピーするソフトウエアを発売,関連訴訟も明らかに)。RealNetworksによると,裁判所の正式な判断が下る時期は2009年前半になる見込みという。

[公開書簡へ]

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング