• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > JASRAC管理楽曲,ついにYouTubeで利用可能に

JASRAC管理楽曲,ついにYouTubeで利用可能に

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2008/10/23 20:50
  • 1/1ページ

 米YouTube社は,動画共有サイト「YouTube」における楽曲の利用について日本音楽著作権協会(JASRAC)と包括的な利用許諾契約を締結したと発表した。JASRACが著作権を管理する楽曲をユーザーが演奏したり歌ったりした動画を,個々にJASRACの許諾を得ることなくYouTubeに投稿できるようになる。

 YouTubeはこれまでに,ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)およびイー・ライセンスの2社と,包括利用許諾契約を締結している(Tech-On!の関連記事1同関連記事2)。国内で最大の音楽著作権管理事業者であるJASRACとの今回の契約により,YouTubeは許諾済みの音楽著作物の範囲が国内最大級のオンライン・サービスになるとしている。

 JASRACは「動画投稿(共有)サービスにおける利用許諾条件について」(リンク)を2007年7月に発表しており,これまでに「Yahoo!ビデオキャスト」(ヤフー),「eyeVio」(ソニー),「ニコニコ動画」(ニワンゴ)についてそれぞれ包括的な利用許諾契約を結んでいる(Tech-On!の関連記事3)。

この記事を英語で読む

おすすめ