家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【新型iPodを分解】第4世代の「nano」,加速度センサやメモリに工夫

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2008/10/08 15:30
印刷用ページ

 米Apple Inc.は2008年9月,「iPod nano」および「iPod touch」の新機種を発表した(Tech-On!の関連記事)。いずれも,より薄型の筐体デザインを特徴とするほか,nanoでは加速度センサ,touchでは「Nike+iPod」の無線通信に対応するなど,新たな機能を盛り込んだ。果たして,その薄い筐体の内部はどのような構成になっているのか。ある国内電子部品メーカーで,iPodシリーズのリバース・エンジニアリングを担当する技術者「A氏」とともに「nano」と「touch」の2機種を分解し,内部構成から見えてくる今回の設計の特徴点を解説してもらった。今回はまず,「iPod nano」からである。

——いよいよ第4世代の「iPod nano」が登場しました。厚みが6.2mmと,従来のiPodシリーズのなかで最も薄いことや,楕円状の独特の筐体が話題になっていますね。

A氏 価格も随分手ごろ感があります。8Gバイト品で149米ドルと,前機種と同価格で2倍の容量を実現していますので,これはかなり数量が出そうな気がします。内部に関しては,シリーズ全体の他機種と比較すると,大分設計がこなれてきた印象があります。特徴的な点がいくつかあります。以下に,説明して行きましょう。


新型iPod nanoを分解(クリックで写真が拡大します)

この記事を英語で読む

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング