家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CEATEC】「これがプロジェクター・ケータイだ」,NTTドコモがプロジェクター機能を備えた携帯電話機を初公開《動画追加》

根津 禎=日経エレクトロニクス
2008/09/30 11:15
印刷用ページ
展示品。携帯電話機器の下部がプロジェクター部分となっている。
展示品。携帯電話機器の下部がプロジェクター部分となっている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
映像を投射した様子
映像を投射した様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは,プロジェクター機能を備えた携帯電話機を試作,動作デモを披露した。同社の既存の携帯電話機をベースに,超小型プロジェクターを一体化した形状となっている。

 プロジェクターの光源には赤色,緑色,青色のLEDを使う。米Texas Instruments Inc.(TI社)の「DLP(digital light processing) Pico」チップセットを搭載する。DLP Picoは,携帯機器向けに小型化したDMDと,その駆動LSIなどで構成する。画素数は480×320画素のHVGAである。

 明るさは7.5lmで,プロジェクター・モジュールの消費電力は3W程度である。実演では,内蔵するLiイオン2次電池を充電しながら映像を再生していた。Liイオン2次電池は携帯電話機向けの既存品なので,「電池だけで駆動できるのは15~20分程度」(同)である。画面サイズに関しては,「約80cmの距離で20インチ型の映像を見られるだろう」(説明員)という。

 実用化に向けては,プロジェクター部分からの発熱の抑制,消費電力の削減,コスト低減,プロジェクター・モジュールの小型化,などの項目が課題となる。例えば駆動時間に関しては,「内蔵電池だけで,初期のワンセグの視聴時間と同程度の100分ほど連続動作させたい」(説明員)とする。実用化に関しては,「早くて3年後くらいではないか。搭載されるとしても,当初はハイエンド機種の中の,さらにハイエンド機種に搭載されるだろう」(説明員)とする。

【動画】「プロジェクター・ケータイ」をビデオでご覧いただけます(制作=BPtv)

この記事を英語で読む

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング