• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CEATEC】「これがプロジェクター・ケータイだ」,NTTドコモがプロジェクター機能を備えた携帯電話機を初公開《動画追加》

【CEATEC】「これがプロジェクター・ケータイだ」,NTTドコモがプロジェクター機能を備えた携帯電話機を初公開《動画追加》

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2008/09/30 11:15
  • 1/1ページ
展示品。携帯電話機器の下部がプロジェクター部分となっている。
展示品。携帯電話機器の下部がプロジェクター部分となっている。
[画像のクリックで拡大表示]
映像を投射した様子
映像を投射した様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは,プロジェクター機能を備えた携帯電話機を試作,動作デモを披露した。同社の既存の携帯電話機をベースに,超小型プロジェクターを一体化した形状となっている。

 プロジェクターの光源には赤色,緑色,青色のLEDを使う。米Texas Instruments Inc.(TI社)の「DLP(digital light processing) Pico」チップセットを搭載する。DLP Picoは,携帯機器向けに小型化したDMDと,その駆動LSIなどで構成する。画素数は480×320画素のHVGAである。

 明るさは7.5lmで,プロジェクター・モジュールの消費電力は3W程度である。実演では,内蔵するLiイオン2次電池を充電しながら映像を再生していた。Liイオン2次電池は携帯電話機向けの既存品なので,「電池だけで駆動できるのは15~20分程度」(同)である。画面サイズに関しては,「約80cmの距離で20インチ型の映像を見られるだろう」(説明員)という。

 実用化に向けては,プロジェクター部分からの発熱の抑制,消費電力の削減,コスト低減,プロジェクター・モジュールの小型化,などの項目が課題となる。例えば駆動時間に関しては,「内蔵電池だけで,初期のワンセグの視聴時間と同程度の100分ほど連続動作させたい」(説明員)とする。実用化に関しては,「早くて3年後くらいではないか。搭載されるとしても,当初はハイエンド機種の中の,さらにハイエンド機種に搭載されるだろう」(説明員)とする。

【動画】「プロジェクター・ケータイ」をビデオでご覧いただけます(制作=BPtv)

この記事を英語で読む

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓