• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【photokina】これは小さい,オリンパスがマイクロフォーサーズ機のモックを公開

大槻 智洋=日経エレクトロニクス
2008/09/23 10:15
1/1ページ

 2008年9月23日からドイツ・ケルンでカメラ関連の大型展示会「photokina」が開催される。前日の9月22日にはオリンパスやソニー,キヤノンが主に現地メディアに向けた説明会を開催した。

この記事を英語で読む

オリンパスのブースではマイクロフォーサーズ機のプロトタイプ(モックアップ)が展示された。松下電器産業の「DMC-G1」と比べると,グリップやバリアングル・モニターがない分,本体が薄い。接眼して使う電子ファインダーもないので高さも低い。装着されているレンズは単焦点品。2009年中の発売になるようだ。
オリンパスのブースではマイクロフォーサーズ機のプロトタイプ(モックアップ)が展示された。松下電器産業の「DMC-G1」と比べると,グリップやバリアングル・モニターがない分,本体が薄い。接眼して使う電子ファインダーもないので高さも低い。装着されているレンズは単焦点品。2009年中の発売になるようだ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記モックアップの説明文。本機については近日中に続報する。
上記モックアップの説明文。本機については近日中に続報する。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
オリンパスのフォーサーズ規格(マイクロフォーサーズではない)に対応した中級一眼レフ機のモックアップ。外装にはエンジニアリング・プラスチックを用いたとみられる。
オリンパスのフォーサーズ規格(マイクロフォーサーズではない)に対応した中級一眼レフ機のモックアップ。外装にはエンジニアリング・プラスチックを用いたとみられる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記モックアップの説明文。発売は2009年第1四半期。
上記モックアップの説明文。発売は2009年第1四半期。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
オリンパス・ブースでは改めて防水機能をアピールしていた。
オリンパス・ブースでは改めて防水機能をアピールしていた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ソニー・ブースでは実売価格や30万円ほどの「α900」などに欧州の記者が大勢集まっていた。
ソニー・ブースでは実売価格や30万円ほどの「α900」などに欧州の記者が大勢集まっていた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900に各種アクセサリを付けたところ。
α900に各種アクセサリを付けたところ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900の内部(全面)。大きなペンタプリズムは35mmフィルム判に相当する大型撮像素子を搭載した機種ならではのもの。
α900の内部(全面)。大きなペンタプリズムは35mmフィルム判に相当する大型撮像素子を搭載した機種ならではのもの。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900の内部(背面)。メイン基板中央より左にある半導体パッケージが画像処理LSI「BIONZ」とみられる。
α900の内部(背面)。メイン基板中央より左にある半導体パッケージが画像処理LSI「BIONZ」とみられる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記メイン基板の裏側。LSIが12個確認できる。こちらの面にもBIONZを搭載している。
上記メイン基板の裏側。LSIが12個確認できる。こちらの面にもBIONZを搭載している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
キヤノンは展示会会場にほど近いレストランでプレス・イベントを開催。日本では未発売のプロジェクター「XEED WUX10」を披露した。自社製のLCOSを一枚用いる。解像度は1920×1200画素。明るさは3200ルーメン。重さは4.9kg。定価は約1万ユーロである。
キヤノンは展示会会場にほど近いレストランでプレス・イベントを開催。日本では未発売のプロジェクター「XEED WUX10」を披露した。自社製のLCOSを一枚用いる。解像度は1920×1200画素。明るさは3200ルーメン。重さは4.9kg。定価は約1万ユーロである。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング