• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【photokina】これは小さい,オリンパスがマイクロフォーサーズ機のモックを公開

【photokina】これは小さい,オリンパスがマイクロフォーサーズ機のモックを公開

  • 大槻 智洋=日経エレクトロニクス
  • 2008/09/23 10:15
  • 1/1ページ

 2008年9月23日からドイツ・ケルンでカメラ関連の大型展示会「photokina」が開催される。前日の9月22日にはオリンパスやソニー,キヤノンが主に現地メディアに向けた説明会を開催した。

この記事を英語で読む

オリンパスのブースではマイクロフォーサーズ機のプロトタイプ(モックアップ)が展示された。松下電器産業の「DMC-G1」と比べると,グリップやバリアングル・モニターがない分,本体が薄い。接眼して使う電子ファインダーもないので高さも低い。装着されているレンズは単焦点品。2009年中の発売になるようだ。
オリンパスのブースではマイクロフォーサーズ機のプロトタイプ(モックアップ)が展示された。松下電器産業の「DMC-G1」と比べると,グリップやバリアングル・モニターがない分,本体が薄い。接眼して使う電子ファインダーもないので高さも低い。装着されているレンズは単焦点品。2009年中の発売になるようだ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記モックアップの説明文。本機については近日中に続報する。
上記モックアップの説明文。本機については近日中に続報する。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
オリンパスのフォーサーズ規格(マイクロフォーサーズではない)に対応した中級一眼レフ機のモックアップ。外装にはエンジニアリング・プラスチックを用いたとみられる。
オリンパスのフォーサーズ規格(マイクロフォーサーズではない)に対応した中級一眼レフ機のモックアップ。外装にはエンジニアリング・プラスチックを用いたとみられる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記モックアップの説明文。発売は2009年第1四半期。
上記モックアップの説明文。発売は2009年第1四半期。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
オリンパス・ブースでは改めて防水機能をアピールしていた。
オリンパス・ブースでは改めて防水機能をアピールしていた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ソニー・ブースでは実売価格や30万円ほどの「α900」などに欧州の記者が大勢集まっていた。
ソニー・ブースでは実売価格や30万円ほどの「α900」などに欧州の記者が大勢集まっていた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900に各種アクセサリを付けたところ。
α900に各種アクセサリを付けたところ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900の内部(全面)。大きなペンタプリズムは35mmフィルム判に相当する大型撮像素子を搭載した機種ならではのもの。
α900の内部(全面)。大きなペンタプリズムは35mmフィルム判に相当する大型撮像素子を搭載した機種ならではのもの。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
α900の内部(背面)。メイン基板中央より左にある半導体パッケージが画像処理LSI「BIONZ」とみられる。
α900の内部(背面)。メイン基板中央より左にある半導体パッケージが画像処理LSI「BIONZ」とみられる。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上記メイン基板の裏側。LSIが12個確認できる。こちらの面にもBIONZを搭載している。
上記メイン基板の裏側。LSIが12個確認できる。こちらの面にもBIONZを搭載している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
キヤノンは展示会会場にほど近いレストランでプレス・イベントを開催。日本では未発売のプロジェクター「XEED WUX10」を披露した。自社製のLCOSを一枚用いる。解像度は1920×1200画素。明るさは3200ルーメン。重さは4.9kg。定価は約1万ユーロである。
キヤノンは展示会会場にほど近いレストランでプレス・イベントを開催。日本では未発売のプロジェクター「XEED WUX10」を披露した。自社製のLCOSを一枚用いる。解像度は1920×1200画素。明るさは3200ルーメン。重さは4.9kg。定価は約1万ユーロである。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ