• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 「製造と設計の両方で効果あり」,富士通研がCMPシミュレータの意義と適用例を発表

「製造と設計の両方で効果あり」,富士通研がCMPシミュレータの意義と適用例を発表

  • EDA Online特派員
  • 2008/09/03 20:33
  • 1/1ページ
富士通研究所と富士通マイクロエレクトロニクスは,LSI製造工程の一つであるCMP(chemical mechanical planarization)を模擬するシミュレータの意義や,富士通マイクロにおける適用事例に関して講演した。この講演は,8月26日と27日に静岡県で情報処理学会が開催の「DAシンポジウム 2008」(講演番号:セッション7B 招待講演2)で行なわれた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓