技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「パブコメを気にする必要はない」――総務省デジコン委が第5次答申に対する意見について議論

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/08/29 20:23
印刷用ページ

 2008年8月29日,「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委)」(情報通信審議会の下部組織)の第43回会合が開かれた。同委の審議結果を反映し,情通審は2008年6月27日に「『デジタル・コンテンツの流通の促進』及び『コンテンツ競争力強化のための法制度の在り方』 第五次中間答申」を公表している。これに対して,7月1日~8月12日の期間に行われた意見募集(パブリックコメント)で寄せられた意見に関して,今回は議論した。

 初めにデジコン委の主査を務める慶応大学の村井純氏が「第五次中間答申はいろいろな宿題含みでまとめた経緯がある。寄せられたパブコメを検討しつつ,今後の議論の方向性を考えて欲しい」と述べ,村井氏が発言者を指名する形で議論が始まった。

 パブリックコメントは38の個人,団体から全部で129件の意見が寄せられた。内訳は個人名が13件,有識者団体が6団体,権利者団体が6団体,放送事業者関連が10団体,メーカー関連が3団体だった。なお,傍聴者に配布されたパブリックコメントを集約した資料では,意見提出者の具体的な個人名や団体名は伏せられていた。

 寄せられた意見のうち,複数の委員からコメントが集中したのが,電子情報技術産業協会(JEITA)が提出したと思われる意見(資料ではメーカー団体と記載)と,いわゆる「ネット法」を提言しているデジタル・コンテンツ法有識者フォーラムが提出したと思われる意見(資料では有識者団体と記載)である。

 JEITAが提出したと思われる意見に関して,NPO法人東京都地域婦人団体連盟の長田三紀氏は,「本委員会の議論にメーカー団体は参加していないという意見表明に驚いた。ここに来ているメーカーの代表の方は,団体の代表という立場も踏まえて発言されていると思っていた」と述べた。テレビ朝日の福田俊男氏は,「JEITAは放送事業者の業界団体が本委員会の議論に参加していると誤解している。民放連の立場で参加している委員はいない。みんなそれぞれの放送局の立場で,ある意味,リスクを背負って参加している」と強い口調で説明した。実演家著作隣接権センター(CPRA)の椎名和夫氏は,「ここにいるメンバーが長い時間を費やした議論で得た答申に対して,この時点に至って文句を言うJEITAの姿勢が信じられない。我々の努力に泥を塗ってみせることにどんなメリットを見いだしているのか」と不快感をあらわにした。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング