家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

巨大EMS企業Hon Hai(6) 金型

大槻 智洋,浅川 直輝=日経エレクトロニクス
2008/07/24 09:00
印刷用ページ
 前回に引き続き,Hon Hai社の強さの秘訣を掘り下げる。今回は,同社の中核技術といえる金型の設計・製造に注目する。膨大な設備や人員を駆使して,他社と比べて極めて短い納期で金型を完成できる。(以下の本文は,日経エレクトロニクス,2006年7月31日号,pp.105-107から転載しました。メーカー名,肩書,企業名などは当時のものです)

(3)金型
人・設備・ITが超短納期を実現

 Hon Hai社は,自他共に認める世界トップ・レベルの金型の設計・製造部門を持つ。ASUSTeK社やFlextronics社といった他のEMS企業は,ここまで巨大な金型部門を持ち合わせていない。この金型部門をきっかけに,多くの顧客がHon Hai社に引き寄せられた。

 金型は,新商品を開発する上で極めて厄介な存在だ。例えば,Mg筐体向け金型の場合,強度を高めるための熱処理に1週間を要するといった具合に,製造に時間がかかるため開発スケジュールのボトルネックになりやすい(図6注7)。逆に,金型の設計と製造に要する時間を短縮できれば,市場の需要に即して素早く,大量に新商品を投入できる。

注7) ある大手携帯電話機メーカーは「Mg筐体を1000台造れるくらいの耐久性で構わないから,熱処理工程を削って早く金型を造ってくれ」と要求したという。いかに早く最終商品を市場に投入するか,顧客の強いこだわりが垣間見える。

図6 高速な金型設計・製造がリードタイムを削減 通常,EMS企業を使ってデジタル・カメラを設計し量産出荷にこぎつけるには,一般に短くても2カ月を要する。筐体用の金型の準備に1カ月と最も長い時間がかかるからだ。これに対しHon Hai社は,自社の大規模な金型工場で10日もあれば用意してしまう。この場合はソフトウエア開発が新たなボトルネックになるが,それでも設計から量産出荷までに要する期間を計算上,1.5カ月に縮められる。 (画像のクリックで拡大)
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング