• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MacBook Air分解】4mm厚実装を実現したボードと部品配置の秘密を解明

【MacBook Air分解】4mm厚実装を実現したボードと部品配置の秘密を解明

  • 大島 篤(本文・CG イラスト)
  • 2008/07/16 20:00
  • 1/4ページ
 3次元コンピュータ・グラフィックスを用いて,「MacBook Air」の内部構造の検討を試みた。分解した実物を基に3次元モデルを作成してもらい,部品の位置関係を調べた結果を紹介する。なお,作成した3次元モデルを用いて,分解を疑似体験できるコンテンツをこちらに用意したので,あわせてご覧いただきたい。(以下の本文は,『日経ボード情報』,2008年夏号,pp.17-22から転載しました。数値や部品名は本誌の推定です)

(画像のクリックで拡大)

 2008年1月の登場以来,ユーザーのみならず,「どうやって薄くしたのか」と技術者の興味を引きつける米Apple Inc.のノート・パソコン「MacBook Air」。最薄部4.0mm,最厚部でも19.4mmという薄さだけではなく,筐体の端に行くほど薄くなるというデザインが,数値を超えた強い印象を与える。これだけの薄さを達成するため,薄板状の特殊な形状のLiポリマ2次電池セルを採用するといった部品の工夫のみならず,個々の部品を最適配置する実装方法や,筐体の剛性を高めるため数々の工夫を施している。

 今回,日経ボード情報ではMacBook Airの薄さを実現した工夫を数値だけではなく直感的につかむべく,部品の配置を立体的に見せるイラストを駆使して観察してみた。それにより,筐体やキーボード,メイン基板,電池,さらには液晶パネルやバックライトなどの各種構成部品が,いかにして干渉せずに狭いスペースの中に収められているのか,手に取るように明確になってきた。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ